車のバチッ!静電気アースについて 車の静電気対策 - 車の運転上達のススメ -Boolog-

テストドライバー指導員が、運転がうまくなりたい!という人のお手伝い。車の豆知識や運転技術をわかりやすく解説!!
車の運転上達のススメ -Boolog- TOP  >  なるほど豆知識 >  車のバチッ!静電気アースについて 車の静電気対策

車のバチッ!静電気アースについて 車の静電気対策

何度か車の静電気対策について書いてきましたが

またまた書きたくなってキーボードを叩いてます。




毎回言いますが、車のバチッ・・・って静電気。

痛いのなんの・・・。


何がいやかって、あの

「来る・・・来る・・・バチッ!! あああ!痛っ!!」

っていう 来ると分かって来てしまうあの痛み。



a-su2.jpg




人に帯電する静電気は最大4万ボルト程になるそうです。(←ビックリ!)

人体に帯電した電流が流れる時間は1億分の1秒程度の

一瞬で大量の電気が指先などの一点から放出されるから

あんなに痛いんですよね。




これを考えると4万ボルトってすごいけど、

ピカチュウの10万ボルト!!って、敵にとって大した事なさそう・・・。

(どうでもいい)








静電気のバチッってのは基本的には簡単なしくみです。





①運転中、着ている服とシートのこすれで静電気が発生して

自分に帯電しています。


②自分が帯電したまま車を降ります。(プラスの電気を帯びる)


③車は基本的に帯電してません(マイナス)ので、

帯電していない車と帯電しているあなたが接触する瞬間、

お互いの電位差がゼロになろうとして 帯電しているあなたから

勢いよく帯電していない車に電気が流れます。





これがあの静電気でバチッとくるメカニズムです。

だって電気ってプラスからマイナスに流れるでしょ。







なんで車は帯電しないのか?


厳密に言うと内外装品などの樹脂製品には若干帯電してますが、

ボデーなどの金属類はアース線を通ってバッテリーのマイナスに

戻ってますので帯電してません。


ボデーの金属を使って配線の代わりにして、

バッテリーのマイナスに戻してるんですねぇ。


seidenki2.jpg
▲だからボデーとバッテリーのマイナスが線でつながってるんです



a-su_convert.jpg
▲イメージ(分かるかな?)





じゃあ何で自分には帯電するのか?

自分の着ている服なんかで発生した静電気を

逃がしてないから
です。


運転席に座ってみてくださいよ。



ハンドルって金属?

シフトレバーは?

アクセルペダル、ブレーキやクラッチは?

シートの着座面は金属?

降りる時に開けるドアハンドルは金属?



違いますよね?

全部皮や樹脂じゃないですか?



・・・で、最後に車降りてドア閉める時。

ここで初めて金属面にタッチするでしょう?

だからバチッっとなるんですよ。





でもね、特に

シートから体が離れる時に一番静電気が作られ易い。


そのシートからおしりを浮かせるときに同時に

ボデー面を触りながら(静電気を車に逃がしながら)

降りれば全くのゼロにはできなくても、大半の静電気を

車に逃がすことができる。


次にドアを閉めるときに

ボデーをさわってもバチッと来ないんですよ。

(ほとんど帯電してない状態)





なので、車から降りる時(シートから離れる時)、

金属面を触りながら降りると静電気が軽減されます。


前回記事参照
>前回記事「冬場の天敵!静電気!」



もうちょっと細かいこと言うと

金属面でも塗装されてるところは電気が通りにくいので

ドアのストライカーなどの塗装されてない所を触るのがベター。



seidenki1_convert.jpg
▲ストライカーってこれね






次回はアース(接地)について勉強しましょう。




関連記事
コメントの投稿
非公開コメント

カテゴリからさがす

当サイト人気の記事!
プロフィール


温泉が好きな
テストドライバー指導員。
超!超!初心者から
やや高度な運転技術まで
幅広く指導。

パパさんや運転苦手なママさん
にも分かり易く説明します。

質問があったら気軽に
コメントくださいね。

リンクフリー。 当サイトの記事の無断転載は ご遠慮ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加


お役立ち情報サイト!


BingoCars ランキングバナー



最新記事
よかったらアンケート

booboowを支援する
モチベーションアップ!!
お願いします。(笑)

>ほしいものリスト
最新 売れ筋Dレコーダー
カロッツェリア ND-DVR1

TAXION TX-07

ユピテル DRY-WIFIV3c

最新 人気レーダー
コムテックZERO 702V

コムテックZERO 602V

セルスターASSURA VA-810E

動画のススメ

■プロモーションビデオ


■バック駐車/車庫入れ
・左直角バック駐車

・左バック駐車!車庫入れ!

・前向き駐車!基本

・バック時のハンドルの向き

・バック駐車のコツ

・車庫入れミラー解説

・バック駐車のミラー

・車庫入れバック駐車法1

・進撃のバック駐車法2

・マイクロバス バック駐車


■車両感覚/車幅感覚
・車両感覚 奥様スラロームStep5

・車両感覚!据切りStep4

・車両感覚 Step3

・車両感覚 Step2

・車両感覚 Step1


■ハンドルの回し方
・くねくね山道 攻略法

・ハンドル操作の使い分け

・プッシュプルハンドル

・クロスハンドル

・立体駐車場ハンドル操作

・一般道ハンドル操作


■ミッション車の運転方法
・MT車って楽しい!

・バックの時のペダル操作

・MT車ダブルクラッチの方法

・等速シフトダウンって何?

・MT車 クラッチ操作あれこれ

・MT車 山道運転

・MT車エンジンオンオフ方法

・上手なシフトチェンジ

・クラッチの仕組みと動作


■坂道発進の方法
・ヒール&トゥで坂道発進

・MT車 ハンクラ坂道発進

・MT車 PKB坂道発進


■目線の使い方
・目線の訓練じゃ!

・まっすぐ走らせるコツ


■一般道路
・独り言運転 三重県

・狭い交差点右折コツ!

・なぜUターンが上手くできないか

・交差点右折方法その1

・一般道車線変更の方法2

・一般道車線変更の方法

・カーブの曲がり方

・車線変更の方法


■高速道路
・高速事故防止運転

・車のふらつき原因は

・高速jctの苦手克服!

・高速道路運転実況2

・高速道路運転実況1

・高速道 渋滞遭遇したら

・高速の車線変更の方法


■その他の動画
・運転姿勢を確認!

・ペダルのスムーズな踏替え方法

・同時にアクセルとブレーキ

・ペダル踏み違い防止方法

・LX&LC200オフロード走行

・ハイブリッドエンジンブレーキ

・AT車エンジンブレーキ

・ライトの種類説明

・トンネル走行時のポイント

・雪道運転の基本

・危険予知運転

・セルフスタンドで給油せよ!

・運転中の突然の雨に

・一発解消!ハンドルロック



PR
▲楽天でお買い物はコチラ

▲アマゾンでお買い物はコチラ

アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲家族、友人でキャンプ
リンク
メールフォーム
最新コメント
月別アーカイブ