テストドライバー指導員が、運転がうまくなりたい!という人のお手伝い。車の豆知識や運転技術をわかりやすく解説!!
Yahoo!カテゴリに当サイト「車の運転上達のススメ」登録掲載中!! 皆さんのご支援、ありがとうございます!!
車の運転上達のススメ -Boolog- TOP  >  なるほど豆知識 >  静電気はなぜ起こる?

静電気はなぜ起こる?

前回、静電気防止方法について説明しましたが、

そもそも、静電気は何者?を知ることで

効果的に防止できると思いますので

今回は静電気について。



>前回記事(冬場の天敵!静電気)


静電気は、通常、物体の摩擦・接触・剥離などが原因で電気が発生し、

それが放電する現象をいいます。




車から降りてドアを閉めるとき指先にショックを感じますが、

これは下車の直前にシートと衣服が剥離して人体に帯電し、

アースされている車体との間で放電するためです。




ガソリンスタンドで、よく店員さんが水撒きしているのを見かけます。


これは、湿度が高くなると帯電した電気を穏やかに放電できるから。


寒くても、よく汗をかくような人?は、帯電しにくいでしょう。

なので乾燥の季節は帯電し易いので要注意です。


このような事や着ている服で、帯電の個人差が出てきます。





相対湿度が35%を切ると、一般的に静電気が起こりやすくなり

65%を超えると静電気は発生しにくくなって、

発生したとしても自然に逃げていきやすくなるようです。(自然放電)

しかし湿度を上げすぎると不快になるので、

“室内湿度50~60%くらいに加湿する” ことが理想的といわれています。


でも、車の中で加湿なんてできませんよねぇ・・・。

いや、実はできますよ。


>車載用加湿器




静電気による痛みは3千ボルトから感じ、

人に帯電する静電気は最大4万ボルトになるそうです。

人体に帯電した電流が流れる時間は1億分の1秒程度なので

あっという間です。


一瞬で大量の電気が指先などの一点から放出されるから

あんなに痛いんですよね。



まず、敵を知ることにある・・・。


これで、少しはあの痛さが軽減されるかも。



>車載用加湿器


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
参考になったら是非!!
ランキング王からやっていました
なるほど!と思いついコメントを(´ω`)
私は冬場になると静電気がものすごいので
参考にさせていただきます♪
[ 2012/10/16 12:38 ] [ ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリからさがす

当サイト人気の記事!
プロフィール


温泉が好きな
テストドライバー指導員。
超!超!初心者から
やや高度な運転技術まで
幅広く指導。

パパさんや運転苦手なママさん
にも分かり易く説明します。

質問があったら気軽に
コメントくださいね。

リンクフリー。 当サイトの記事の無断転載は ご遠慮ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加


お役立ち情報サイト!


BingoCars ランキングバナー



よかったらアンケート

booboowを支援する
モチベーションアップ!!
お願いします。(笑)

>ほしいものリスト
最新 売れ筋Dレコーダー
カロッツェリア ND-DVR1

TAXION TX-07

ユピテル DRY-WIFIV3c

最新 人気レーダー
コムテックZERO 702V

コムテックZERO 602V

セルスターASSURA VA-810E