テストドライバー指導員が、運転がうまくなりたい!という人のお手伝い。車の豆知識や運転技術をわかりやすく解説!!
Yahoo!カテゴリに当サイト「車の運転上達のススメ」登録掲載中!! 皆さんのご支援、ありがとうございます!!
車の運転上達のススメ -Boolog- TOP  >  ブレーキの使い方 >  ブレーキの効かせ方(初級1)

ブレーキの効かせ方(初級1)

ブレーキって、みなさん当然何がどうなるか知ってますよね?

そうですね。踏むと車が止まります。



ゆっくり踏むとスーッと止まりますし、

早く踏むと車が前のめりみたいな格好になって止まります。



この「止まる」ってのは、車の3大性能のひとつ。

基本性能は「走る、曲がる、止まる」ってのをまずは覚えておこう。





車の運転で、何より一番大事なのは「止まること」

という風に僕は思っています。

なぜなら、「走る、曲がる」も当然大事ですが

「止まる」は一番安心感に直結するからです。




ブレーキのかけ方、気にしたことありますか?

かけ方ですよ、かけ方。

そう、ブレーキペダルに足を置いて踏み始める時のことです。

これ、重要です。




まず、ブレーキペダルに足を乗せるだけ。

まだ、踏んじゃだめですよ。


乗せたら次は

足首だけを使ってゆっくり踏んでいきましょう。


すると、車の姿勢が安定したまま減速し始めます。

でも最初は慣れないと、いつもより止まる位置が遅れちゃいます。

なのでいつもブレーキを開始する距離からちょっと早めに

この動作を行うようにしましょう。



これが出来るようになると

車の姿勢を安定させたまま減速させる

ことができるようになります。



最初にいきなり、パコーンとブレーキを踏むと

同じブレーキ踏力でも車は前のめりになって止まろうとします。

これでは、ちょっとあぶないですよね。



前のめりになると、後ろのタイヤ達は浮きぎみになっているので

ほとんど前側タイヤ達に頼ったブレーキングになってしまいます。

しかも、いきなり前のめり状態になるので車は不安定。


この前のめり状態がひどくなると、ハンドルを切っても

車は曲がってくれなくなるので注意しましょう。

この現象をブレーキングアンダーといいます。




「そんなことないよ。そんな危なくないって。」と

思う人もいるかもしれませんが、そう思うなら雪道なんかの

滑りやすい路面でためしてみて。

ヒヤッとすると思います。


普段の道路でそう感じないのは、

タイヤと道路の摩擦力に助けてもらっているからですよ。


あなたのテクニックでもなんでもありません。

ちょっと厳しい言い方ですが

自分の運転を過信してはいけません。



車の運転の中で、何でも言えることですが初期操作の丁寧さは重要です。




さ、これが出来るようになったら今度はブレーキの踏みはじめて

止まるまでを次の記事で説明します。





あ、でも これがちゃんと出来るようになってから

読んでくださいね。

意識して、続けて練習してください。


「意識する」ってのと「続ける」ってのが大事ですよ!




関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
参考になったら是非!!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリからさがす

当サイト人気の記事!
プロフィール


温泉が好きな
テストドライバー指導員。
超!超!初心者から
やや高度な運転技術まで
幅広く指導。

パパさんや運転苦手なママさん
にも分かり易く説明します。

質問があったら気軽に
コメントくださいね。

リンクフリー。 当サイトの記事の無断転載は ご遠慮ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加


お役立ち情報サイト!


BingoCars ランキングバナー



よかったらアンケート

booboowを支援する
モチベーションアップ!!
お願いします。(笑)

>ほしいものリスト
最新 売れ筋Dレコーダー
カロッツェリア ND-DVR1

TAXION TX-07

ユピテル DRY-WIFIV3c

最新 人気レーダー
コムテックZERO 702V

コムテックZERO 602V

セルスターASSURA VA-810E