テストドライバー指導員が、運転がうまくなりたい!という人のお手伝い。車の豆知識や運転技術をわかりやすく解説!!
Yahoo!カテゴリに当サイト「車の運転上達のススメ」登録掲載中!! 皆さんのご支援、ありがとうございます!!
車の運転上達のススメ -Boolog- TOP  >  雪道運転 >  「雪道運転は怖い」エンジンブレーキを上手に使って安全運転

「雪道運転は怖い」エンジンブレーキを上手に使って安全運転

今日は大晦日。2016年もいよいよ終わり。

皆さんには今年一年、

色々とお世話になりました。




家族で温泉旅行なんかに出掛けてる方も

多いのではないでしょうか。

この時期、

温泉に行くなら雪見温泉ですよねぇ。

しかし、

ちょっと心配なのは行き帰りの道中。

スタッドレスタイヤを装着してても

滑るものは滑る・・・。



雪道運転ノーマルタイヤエンジンブレーキ怖い




ちょっと意識すれば

安全に走行できるポイントを

簡単に教えます。



■カーブや減速はエンジンブレーキ!

高い車速域からカーブや交差点に進入する時は

いきなりフットブレーキを使わずにアクセルオフ!!


次は一段、シフトダウン!

AT車やCVTならOD-OFFですね。

必要ならもう一段ダウン。

そこからブレーキペダルやハンドルを操作します。



■ハンドル初期はゆっくり操作

雪道じゃなくても意識するべき操作ですが

特に慎重に。

ハンドルの初期操作で車の向きが

大きく変わってしまいます。






まず、曲がりたい方向へほんの数ミリ

ハンドルを「当てる」。

この「当てる」ってのがミソ。

ハンドルを「切る」のではなく「当てる」。



ハンドル回転方向のガタを詰める感じで。

そこからスッと切る。

これだけで車は安定して曲がる体勢に

入る事ができる。



しかし、一つ注意。

いつもあなたが行っている「ハンドルを切る」

って操作とはちょっと違って、

操作開始から終了までの時間が長くなってるので

いつもより早めにハンドル操作の開始を

仕掛ける必要があります。



いつものタイミングで開始するんじゃなく、

いつもよりちょっと早めに開始しよう。

じゃないと、

曲がりたい所で曲がってくれない。



■ブレーキも初期はゆっくり

ブレーキも初期はそっと踏むんですよ。

まずこれもペダルの「ガタ」を詰める。

そこからゆーーーーっくり踏み始める。


ハンドルもブレーキもゆっくり踏んでるつもりでも

実は踏めてないから「カクン」と前方向にGが掛かる。


この「初期」を意識しましょう。



■じゃ、アクセルは?

もちろんアクセルもね。

アクセルは「あっ!」と思えば

緩めるだけで何とか収まるケースが多いですが、

ハンドルとブレーキは初期の操作が特に重要で、

「あっ!」と思っても修正が難しい。



初めが肝心って事ね。



雪道の操作はこれを意識するだけで

ぐっと安全率が上がります。



また、個々の操作は詳しく記事にしますね。

では皆さん、よいお年を!!



関連記事


ポチッとしてくれると嬉しいです!!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリからさがす

当サイト人気の記事!
プロフィール


温泉が好きな
テストドライバー指導員。
超!超!初心者から
やや高度な運転技術まで
幅広く指導。

パパさんや運転苦手なママさん
にも分かり易く説明します。

質問があったら気軽に
コメントくださいね。

リンクフリー。 当サイトの記事の無断転載は ご遠慮ください。


お役立ち情報サイト!


BingoCars ランキングバナー



よかったらアンケート

booboowを支援する
モチベーションアップ!!
お願いします。(笑)

>ほしいものリスト
最新 売れ筋Dレコーダー
ケンウッド DRV-610

ケンウッド KNA-DR300

ユピテル DRY-mini1X

最新 人気レーダー
コムテックZERO 74V

ユピテル SCR35TD

ASSURA AR-181GA