高速走行中、落下物が急に飛んできた時の危険回避の方法 - 車の運転上達のススメ -Boolog-

テストドライバー指導員が、運転がうまくなりたい!という人のお手伝い。車の豆知識や運転技術をわかりやすく解説!!
車の運転上達のススメ -Boolog- TOP  >  高速道路のポイント >  高速走行中、落下物が急に飛んできた時の危険回避の方法

高速走行中、落下物が急に飛んできた時の危険回避の方法

読者様アンケートに

「高速走行中の、例えば落下物が

急に飛んできたときなどの危険回避の

しかたが知りたいです」とコメント。
(40歳代/女性/三重)



これはかなりハイレベルなレクチャーですが

知っておいてもいいでしょう。


落下物_convert_20160903181114




まず、あってはならない落下物。

基本的に

「落下物は落とした人の責任」

です。




高速道路の掲示板なんかにも

そう書いてますしね。




落下物2_convert_20160903181134





しかし、落下物によって事故になった場合

過失割合が発生する模様。





「え!落とした人の責任なのに

それで後続車が事故したら

後ろも悪いの?」


って感じですよね・・・。






互いの車両が速度遵守し

車間距離が十分であったとしても

その過失割合は・・・


落とし主 : 後続事故車 = 6 : 4

が一般的のようです。
(booboow調べ)



「あああぁんん!?」

って感じですね・・・。

「10:0じゃないの!?」って

ここは今どうこう言っても

「そんなもんだ」と諦めて

もらい事故は損って事だけインプット!



だとすると、

事故しないのが一番。

じゃ、高速道路走行の場合の

リスク回避を習得しましょう。



■基本、回避は出来ないと思え!

「習得しましょう」なんて言っといて

回避できないとは何事だ!とやや矛盾。


ゼロに出来なくても知識やテクニックで

低減できるって事が言いたいの。



遠くに落ちている物の回避と

急に落下する物の回避の

違いは何でしょうか。


「事前に早く気付くか、突然か」

と言う事。


事前に予測できれば回避も容易、

突然なら回避難度も上がりますね。






では、基本知識と車の運転の

「認知・判断・操作」

に従って考えてみよう。


■まず「基本知識」と「認知する為」に

高速道路に限らず守るべきは

速度と車間距離

ですね。


速度100キロなら

前車との車間距離は100mが基本。


でも、勘違いしないでほしいのは

「何かあっても安全が確保できる可能性が高い」

だけであって絶対安全ではない。

車の性能やドライバーの技量によるでしょうし。



次に

「急なハンドル操作はしない」

と言うこと。


これは技量によって大きくバラツキますし、

「そんな状況で分かんないよ!」

って意見もあるでしょう。


技量がどうかは置いといても

落下物回避は必要だが隣の車両接触や

自車横転などを考えればハンドル操作は

最小限 且つ緩やかが理想であることは

間違いないと考えてます。

無理にハンドル回避するより衝突に備える方が

最終的な被害を低減できる場合もあるので、

その瞬時の判断がキーとなります。




次にブレーキ。

これもロックまで踏み込むより

ハンドル操作が利く範囲でコントロールし

回避できればそのまま通過が理想でしょう。

回避できても停止までしてしまうと

後ろから追突のリスクが発生します。



但し、落下物に接触してしまった場合は

走行できそうでも 安全な場所へ停車して

ガードレールの外で待機。

警察や道路会社に連絡すべきですね。


ガン!と接触したのに

「大丈夫そうだな」の自己判断で走行を続けると

後にパンクしてハンドル操作を誤り

単独事故を起こしたり

損傷した部品に気付かずに

今度は自分が部品を落下させて後続車を

同じ目に遭わせる可能性も。



そして目線。

これが認知する上で一番大事。

近くも見ないといけませんが

目線は遠くに置いて早期発見と

車両安定性を高めておきましょう。






これらの理由を考えると

僕の言う意見は大きく間違いではない

と考えてます。



それから環境面で言うと

事前に気付けるはずの落下物なら

電光掲示板の情報など収集しておく事は

当然ですね。


事前回避できたはずが

急回避にならない様に

危険予知運転をする事は大切です。


雨などの視界不良も落下物や目の前の危険に

気付ける様にスピードダウンするなど

リスク低減しましょうね。



■判断する

事前に落下してる物は先述した通り。

よーく注意して事前にレーンチェンジするなどして

危険回避しよう。


それから、急な落下物も回避できる余裕を持たす為に

速度と車間距離は守る。



これらをキッチリ守っても

目の前の落下物に突然気付いたら!


瞬時に

①落下物は何であるか?

②どんな大きさか?

③落下中の軌跡は?

④周囲の車両状況は?

これらは「認知」に含まれますが、

この状況から判断します。



これ、

ひじょーに難しい!!


例えば①。

「何であるか」と言うより

どんな重さと予想できるかって方が正解かも。

古い洗濯機が落ちてきたら?

大きな岩や石だったら?

重ければ比較的あまり軌跡を変えずに

移動し難いと考えられる。

必ずそうとは限らないが比較的ね。




②どんな大きさか?では

ハンドルを切る必要があるか

それとも跨いで通過出来そうか?など。


仕方なく跨いだ場合、現在のスピードなどを考慮すると

落下物が比較的小さければ当たって損傷はするが

ハンドルを大きく切るよりリスクは低いと判断する

場合もあるでしょうね。




③軌跡は?に関しては

落下物が転がって行く方向にハンドル切っても

自ら突っ込んで行く形になるので転がる方向を

よく見て予測しながらハンドル操作が必要。



④はサイドミラーやルームミラーで素早く確認。

ブレーキを踏んでもいいか、ハンドルはどちらに

切るか判断する。



・・・って、言ってますが

いくらプロでも不可能に近い場合もあります。



僕らも訓練は受けてますが

もちろん100%回避なんてできません。

でも、常に周囲の状況を見て

自分の車の周りのどこに車があるか意識し、

もし前方に危険を感じた瞬間、

ルームミラーで後方確認するクセがついてます。

それでも状況によっては衝突する事があるかもです。



何度も言うように100%はありえませんので

いくら訓練受けていても、そんな状況に遭遇したら

色々グルグル考えて、最悪真っ白になっちゃいます。(笑)



■操作はどうする?

ハンドルは初期は緩やかに

中間域は速く、その後に襲われる

車の横方向のたわみ(ロール)を収束させるために

最後も緩やかに操作します。

ちょっとプロの領域です・・・。



当然、あまり切る量が多いと

このロール量が大きくなり発生スピードが

速くなるので注意が必要。



ブレーキはロックしない寸前まで上げて

コントロールします。









・・・。

何だか、これってプロドライバーの

危険回避方法になってますね・・・。

誰しもできる方法ではありません・・・。

ごめんなさい。






危険回避方法を習得するより

全てはそうならない為に

速度遵守、車間を空けるの基本を守る


しかないと言えそうです・・・。


関連記事
コメントの投稿
非公開コメント


Re: タイムリーな話題です。

まどか 様〉

コメントありがとうございます。

無事で何よりです。
事故に遭われた方は災難でしたね。
大丈夫だったのでしょうか?

常に気を張り詰めて運転すれば疲れてしまいますが
のちにそれはスキルとなって身に付きます。
すると、大して疲れもせず運転出来るようになりますよ。

やっぱりどれだけハンドル握ったか、
経験したかと言った「慣れ」なんでしょうね。

事故には十分気を付けて運転して下さいね。




Re: ○○カー

三度目の正直 様〉

コメントありがとうございます。

「バックします。ピーッピーッ」は何となく
分かります。(笑)
運転出来なくても、それだけ熱心にやってるので
随分上達出来たのではないでしょうか。

そろそろ卒業かな?

タイムリーな話題です。

こんばんわ。タイムリーな話題、ありがとうございます。先月、高速で大渋滞に巻き込まれましたが、渋滞の原因は、大型車が跳ね上げたブルーシートで、視野を塞がれた後車が急ブレーキ→玉突き事故、、、でした。。
事故原因を聞いてから、極力、大型車の後ろにならない様にしています。。
道によっては、大型車しか走ってない(-。-;
ような状況もありますが、そんな時には、車間距離を多めに取るしかないのかなあ。。。
運転仕事をする身としては、ボンヤリ走らず、いつも、いろんな危険回避を考えながら走る必要がありますね。。
非常に参考になる記事、ありがとうございました。

○○カー

教官殿

本日○○カーで縦列駐車の復習をしました。
縦列駐車ってぶーぶー言う間ないですね(*^.^*)
左に切って… えっとえっと ぎゃーポイントなんだった?
ここからは右で…(*_*)
ぶーぶーでなく、 バックします ピーピー こんな効果音トラックバージョンになりました。

教官殿も勉強家ですね。
来年はお兄ちゃん教官卒業して、ドライブできたらよいけれど。

Re: メロディーロード

三度目の正直 様>

コメントありがとうございます。

メロディーは集音すれば録音可能だと思います。
路面に刻んだ溝でタイヤが元々発生させているロードノイズの
周波数を変化させる事で音を発生させています。

人間の可聴範囲ですので
理論的には可能でしょう。

ただ音圧が低いので、やはり集音が必要かな。

僕も勉強の為、ちょっと情報収集してみます。



メロディーロード

教官殿

そうです。速度も関係しますね。337拍子なら速度に関係ないかも知れませんが…(*^.^*)
適切な速度で奏でて欲しいです。
動画の募集てできるのですか?と言うより、音が撮れますか?
本人だけが感じるのではないのですか?

ドライバーへ注意を促す曲と観光地の曲楽しい曲があるのでしょうか? 動画でなくてもちょっと知りたいです。

Re: 動く物

三度目の正直 様>

コメントありがとうございます。

いやぁ、ホントこれ難しいですよ。
「あっ!」と思うともうぶつかるしかない
状況が多いのではないかと思います。

荷を積んでいるトラックの後ろは避けるなども
危険予知ですね。
是非実践しましょう。

メロディーロード?
あの、走行すると道路から音楽が流れる その事かな?
んー、それは読者様達から動画を募集しようかな。(笑)


Re: 落下物

yozhik 様>

コメントありがとうございます。

落下物が飛んで来る!
無事でなによりです。

回避の理想とされるこの項目、
その状況の中、僕もどれだけやれているのか・・・。
非常に難しいです・・・。

「操作はどうする?」については
動画はなかなか難しいので、また改めて記事に
したいと思います。

お互い、安全運転を心掛けましょう!


動く物

教官殿

お待ち申し上げておりました。

落下物、私には思い付かないリクエストですね。それが いざ で役立ちます。

落下物でも 自分が避けるのか? 隣の車が避けるのか?転がる物か?動く物か? 奥が深いです。

できるだけ荷台のある車の後ろにつかず、何が落ちるかな?と話題にしながら走行した事ありますね。

メロディーロードについて教えて下さい。 どこでどんなメロディーが…なんていろいろあるかしら。
温泉旅のついで くらいかな?

落下物

booboow 様

今回の記事、いつも以上に興味深く拝見しました。

というのも、先日、路上に落ちていた1m強の金属棒を前走車が跳ね上げたのが、自車に向かって飛んでくるという状況に遭遇したからです。
そこそこ交通量のある場所なので急ブレーキや隣車線へ逃げる事も出来ず、車線内で避けられるだけ避けて幸いにもサイドに軽く当たっただけで済んだのですが、一歩間違えれば大事故になっていました。

booboow様の仰る4項目の内のどれ位を、あの時の自分は実行出来ていただろうかと思い返しながら読んでいましたが、多分3項目程でしょうか。

危険を寄せ付けない、事故は回避する。巻き込まれた場合は、少しでも被害を少なく済ますように対処する。
どんな状況でもそれが出来るようになれれば良いのですが、難しいですね。
自分は、今はまだ運に助けられている事が多いと思います。

・操作はどうする? の詳しい話も面白く感じました。
真似るところまでは行けないでしょうが、車の挙動について少しでも理解を深めたいので、機会があればまた記事に書いて頂きたいです。

カテゴリからさがす

当サイト人気の記事!
プロフィール


温泉が好きな
テストドライバー指導員。
超!超!初心者から
やや高度な運転技術まで
幅広く指導。

パパさんや運転苦手なママさん
にも分かり易く説明します。

質問があったら気軽に
コメントくださいね。

リンクフリー。 当サイトの記事の無断転載は ご遠慮ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加


お役立ち情報サイト!


BingoCars ランキングバナー



最新記事
よかったらアンケート

booboowを支援する
モチベーションアップ!!
お願いします。(笑)

>ほしいものリスト
最新 売れ筋Dレコーダー
カロッツェリア ND-DVR1

TAXION TX-07

ユピテル DRY-WIFIV3c

最新 人気レーダー
コムテックZERO 702V

コムテックZERO 602V

セルスターASSURA VA-810E

動画のススメ

■プロモーションビデオ


■バック駐車/車庫入れ
・左直角バック駐車

・左バック駐車!車庫入れ!

・前向き駐車!基本

・バック時のハンドルの向き

・バック駐車のコツ

・車庫入れミラー解説

・バック駐車のミラー

・車庫入れバック駐車法1

・進撃のバック駐車法2

・マイクロバス バック駐車


■車両感覚/車幅感覚
・車両感覚 奥様スラロームStep5

・車両感覚!据切りStep4

・車両感覚 Step3

・車両感覚 Step2

・車両感覚 Step1


■ハンドルの回し方
・くねくね山道 攻略法

・ハンドル操作の使い分け

・プッシュプルハンドル

・クロスハンドル

・立体駐車場ハンドル操作

・一般道ハンドル操作


■ミッション車の運転方法
・MT車って楽しい!

・バックの時のペダル操作

・MT車ダブルクラッチの方法

・等速シフトダウンって何?

・MT車 クラッチ操作あれこれ

・MT車 山道運転

・MT車エンジンオンオフ方法

・上手なシフトチェンジ

・クラッチの仕組みと動作


■坂道発進の方法
・ヒール&トゥで坂道発進

・MT車 ハンクラ坂道発進

・MT車 PKB坂道発進


■目線の使い方
・目線の訓練じゃ!

・まっすぐ走らせるコツ


■一般道路
・独り言運転 三重県

・狭い交差点右折コツ!

・なぜUターンが上手くできないか

・交差点右折方法その1

・一般道車線変更の方法2

・一般道車線変更の方法

・カーブの曲がり方

・車線変更の方法


■高速道路
・高速事故防止運転

・車のふらつき原因は

・高速jctの苦手克服!

・高速道路運転実況2

・高速道路運転実況1

・高速道 渋滞遭遇したら

・高速の車線変更の方法


■その他の動画
・運転姿勢を確認!

・ペダルのスムーズな踏替え方法

・同時にアクセルとブレーキ

・ペダル踏み違い防止方法

・LX&LC200オフロード走行

・ハイブリッドエンジンブレーキ

・AT車エンジンブレーキ

・ライトの種類説明

・トンネル走行時のポイント

・雪道運転の基本

・危険予知運転

・セルフスタンドで給油せよ!

・運転中の突然の雨に

・一発解消!ハンドルロック



PR
▲楽天でお買い物はコチラ

▲アマゾンでお買い物はコチラ

アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲家族、友人でキャンプ
リンク
メールフォーム
最新コメント
月別アーカイブ