車のハンドル、「据え切り操作」をしてはいけないか - 車の運転上達のススメ -Boolog-

テストドライバー指導員が、運転がうまくなりたい!という人のお手伝い。車の豆知識や運転技術をわかりやすく解説!!
車の運転上達のススメ -Boolog- TOP  >  めっちゃ簡単!車の構造 >  車のハンドル、「据え切り操作」をしてはいけないか

車のハンドル、「据え切り操作」をしてはいけないか

車を運転する基本操作に「ハンドルを回す」という

動作がありますよね。

車が止まった状態でハンドルを回すことを

「据え切り操舵」と言いますが、これが良いか悪いか?

と、ネット上でよく見かけます。




suekiri_convert_20150419212425.jpg






最近もこのサイトの読者様に

「止まってハンドルを回すと車に良くないと聞いたのですが」と。



って事で、今回「据えきり操舵はダメか?」について

僕個人の見解を記事にしたいと思います。

■据え切り操舵ってなんだ

先述したように据え切り操舵とは、

「車両が止まっている状態のまま

ハンドルを操作する」


事を言います。



今の車両はパワーステアリングと言って軽い力で

ハンドルを回すことができますが、ひとむかし前は

そんな高価な機能は無く、車が少しでも動いている状態でないと

ハンドルを切る事ができませんでした。



今の人はパワーステアリングの無い時代なんて

知らないと思いますが、回すのに一苦労でした・・・。

腰が砕けそうになりますよ・・・ホント・・・。



パワーステアリングが付いた事で楽にハンドルを

回せるようになりましたが、それは逆に言うと

「路面にこすり付けられてるタイヤの痛さ?がドライバーに伝わりにくい」

って印象ですかね。




少しでも車が動いていればハンドルを回す力は少なくて済みます。

この様な状態を「微速操舵」と言いますが、

パワーステアリングが付いていてもいなくても

この力関係は同じです。


これらはT(トルク)とθ(角度)で表すことができます。



ST1_convert_20150419101634.jpg


こんなイメージです。

分かるかな?
(↑ 分からなければゴメンナサイ)





■ハンドルを回すと何が起こっているか

ドライバーがハンドルを回すとそれにくっついてるシャフトが回転して

ユニバーサルジョイントなどを介してギヤボックスに伝わり、

それから左右へ伸びたタイロッドが移動することでタイヤが動く。



ST.jpg




タイヤと路面の抵抗が大きければ大きいほど

これらを動かそうとする力は大きくなる。



止まった状態で本来、重いはずの操舵力は

パワーステアリングによってドライバー側は軽減されているが

ギヤボックス以降の車両側(タイヤ側)のトルクは重いままだ。



なので、重いものを動かそうとするそれら構成部品や

タイヤなんかは負荷が掛かっていることに間違いはない。



さらにここで一つ。

同じ据え切りでもブレーキを踏んだ状態と踏まない状態では

掛かる負担がまた一段と違います。


ブレーキを踏んだ状態の方がもっと重いって事ね。

なぜか?ってのはフロントアライメント特性が

分かっている人には理解できると思いますが今回は割愛します。





■じゃ、据え切りはやっちゃダメ?

ハンドルを回すだけで、構成部品たちに

負担が掛かっていることは分かった。


動いてる時よりも止まった状態で操作する方が

負担の大きいことも分かった。



じゃ、やっちゃダメか?

って言うとどうだろう。



確かに過去、某自動車メーカーが

ステアリング装置の一部品である

リレーロッドの強度が不足しており

ハンドルの据え切り操作など操舵力が

高くなるような使い方を繰り返すと

亀裂が生じるものがある事が判明し、

リコール対象となった案件がありました。



しかし!

ここからは僕の意見ですが、

「据え切り操作 = 壊れる = 絶対ダメ」

との直結的な考えはちょっと違うかと。






ホントにそんな部品が壊れるかもしれない程の状態なら

メーカー側が機能的に何か抑制するべきでしょうが

「これらも考慮してユーザー側が適正に扱う」が僕の意見です。




そりゃ、据え切りできるからと言って毎日100回も200回も

やれば部品も痛むしタイヤも磨耗する。


数回であれば例えそれが毎日続いたって

壊れないくらいの耐久試験は基本、メーカーも抑えてます。







先ほどのリコールの話も

「リレーロッドの強度が不足しており・・・」ってところは

「その耐久試験の結果見積もりが甘かった」との事であり、

「繰り返し」ってところも「じゃ、何回までいいの?」ってなる。


そこはさらに強度を増して対策も完了と考えた時、

あとは常識的な使用範囲なら大丈夫では?と。



なので、据え切り操作をする事が悪いわけではなく

やり過ぎることがいけないのであって

そんなシビアになることはありません。

ってのが僕の意見です。




僕も基本的に微速でハンドルは操作しますが、

状況によっては据え切りも使用します。




あとは、使う使わないも みなさんの考えで

判断して操作すればいいでしょうね。
関連記事
コメントの投稿
非公開コメント


きもちは運転に現れます

ゆきりょうママ 様>

コメントありがとうございます。

コアーズ、気に入ってくれて良かったです。
気持ちが整えば自然と運転スタイルにも現れます。
気持ちに「ゆとり」が無いとどんなに練習しても
上手く行かない時は上手く行きません。

効率が悪いって事ね。

そして、
「どうせ運転するなら楽しく!」を念頭に
操作すれば上達も早いですよ。


車庫入れの練習、頑張って下さい。
ミラーの見え方、後ろを振り向いて確認するクセ、
ハンドルの角度に対する車の角度がそのうち
分かるようになります。
これらを意識して頑張ってみて下さいね。


左側へ駐車する場合の動画や記事は
もうちょっと待ってくださいねっ!!!

コアーズ

booboow師匠様

いつもお世話になっております。
昨日、教えて頂いたコアーズのベストアルバムを聴きながら運転しました。
爽やかな曲調でリラックスして運転出来ました。
特に「ブレスレス」という曲がお気に入りです。

運転もちょっとづつ楽しくなってきました。
でもまだまだオドオドしながら運転しているのでクラクションの音を聞くと全部私に対して鳴らされているような気がします。
少しずつ焦らず頑張ります!!

今更ながら車のマイ鍵をゲットしたので家人がいなくてもとりあえず毎日運転席に座り、ポジションを合わせ、エンジンをかけて前進&バックはしようと思います。
(めっちゃ怪しいオバサン笑)
自分一人でも車庫入れ出来るように練習中です。

バックモニター

booboow師匠様

いつもお世話になっております。
お忙しい中バックモニターとドライブレコーダーに関してコメントを下さりありがとうございます。

設置する事を前向きに検討します。
おっしゃるようにこれらはあくまで「補助」としてこれからも運転技術向上に努めます!

くみ様
こんにちは!
ご自身のバックモニター活用の様子をコメント下さりありがとうございます。
目視しつつバックモニターでも確認しつつ、車の動きをより俯瞰でイメージしやすくなりそうですね。

追伸、こんなに運転に前向きになれたのは初めてです。
booboow師匠様、そして頑張っている仲間の存在がありがたいです。

バックモニターとドライブレコーダー

皆さんコメントありがとうございます。

バックモニターとドライブレコーダーですね。

僕としては、どちらも有効で
無いよりもあった方がいいアイテムです。

ドライバーの補助としてどちらも
非常に役に立ちます。

金銭的に問題無ければ
二つ共付ければいいですね。

しかし、あくまでも「補助」ですので
自分の目で見て確認するのは基本です。

ドライブレコーダーは録画して
放っておいて構いませんし
いざというとき検証に間違いなく
効果を発揮しますよ。


また、詳しく記事にしますね。


賑わってますね(^ ^)

同じ目標に向かって進む仲間が増えてとても嬉しいです。
よろしくお願いします。

バックモニター私はつけました。
後ろの状況をミラーだけで判断出来なくてぶつかるんじゃないかの恐怖で見兼ねて旦那さんからの許可がおりました。
モニターばかりに頼るのは嫌なので、ミラーに車のボディが映る時モニターにはどんな角度で入ろうとしてるのか参考にしています。

ここ2日、今日はいっかで運転さぼってしまったので、みなさん頑張ってるし、今日こそ!自分の甘えから脱しなきゃなぁと思います!!
このような場が出来て本当に励みになります、ありがとうございます★

臨機応変

booboow師匠様

いつもお世話になっております。

先日のbooboow様、くみ様の温かい励ましのおかげで日曜日に運転したのですが肩の力を抜いて取り組む事が出来ました。
今のこの前向きな楽しむ気持ちを大切にしたいです。

ハンドルの捉え切り操作ですが、何事もバランスが大切という事だと思いました。
捉え切りばかりでもダメだし絶対してはいけないというガチガチ頭でもダメですね。
臨機応変に対応出来るようになりたいです。

特にバック駐車の時はハンドルに対してのタイヤの動きがイメージしにくくついつい捉え切りばかりしがちでした。
バックで動かしつつの細かい修正が難しいです。
あとは上達を信じて練習あるのみですね!

話が変わるのですが今、バックモニターとドライブレコーダーを付けるか迷っています。
車両感覚に自信がないのにこういった機械に頼るのは運転上達の妨げになりそうな気もしています。

長々と書いてしまいごめんなさい。
またご都合のよい時にバックモニターとドライブレコーダーに対するbooboow様の御見解を伺えればと思います。
お忙しい中恐縮ですがよろしくお願いします。

追伸、くみ様&はっぴい様、一緒に頑張りましょう!!

はっぴいさん!了解致しました!

はっぴい 様>

コメントありがとうございます。

ためらわずにいつでもコメント下さい!
どんな事を聞いても恥ずかしがる事はありません!
どんな事でも聞かないとソンですよ!

初めはコメントするって確かに勇気要りますよね。
これから、じゃんじゃんコメント下さいね。


で、左側への駐車方法タイミングですね。
詳細は近日、youtube動画へアップしますね。
基本的には、右も左もタイミングや方法、ポイントは
全く同じなんですよ。
後退しながら左タイヤで白線を踏みます。
踏んだ後はサイドミラーで左右の間隔が
同じになるようにバックするだけです。

ホント、コツさえつかめば
絶対簡単なんですよ。

動画と合わせて、解説もブログでやりますので
その時はまた参考にして下さいね。

それでも分かりにくい時は、
「分からん!」ってコメント下さい。

もっともっと分かるように
色んな角度で解説します。


何でも結構です!
いつでもコメント、お待ちしてます!




いつもアップされるのを楽しみにしています。
ペーパードライバーでしたが、子供3人になり車が便利だろうなーと運転修行中です。

コメントしたいといつも思いながらブログなどでコメントしたことがなくて、ためらっていました。でも、先日のゆきりょうママさんのコメントを読んで自分と全く同じ思いで運転を頑張っているんだと思ったらその嬉しい気持ちを伝えたくて初めてコメントしてみました。

長くなるとご迷惑なのでまたコメントさせてもらいますが、一つbooboowさんにお願いです。
進行方向左側への駐車方法タイミングなど教えてほしいので、よろしくお願いします。

カテゴリからさがす

当サイト人気の記事!
プロフィール


温泉が好きな
テストドライバー指導員。
超!超!初心者から
やや高度な運転技術まで
幅広く指導。

パパさんや運転苦手なママさん
にも分かり易く説明します。

質問があったら気軽に
コメントくださいね。

リンクフリー。 当サイトの記事の無断転載は ご遠慮ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加


お役立ち情報サイト!


BingoCars ランキングバナー



最新記事
よかったらアンケート

booboowを支援する
モチベーションアップ!!
お願いします。(笑)

>ほしいものリスト
最新 売れ筋Dレコーダー
カロッツェリア ND-DVR1

TAXION TX-07

ユピテル DRY-WIFIV3c

最新 人気レーダー
コムテックZERO 702V

コムテックZERO 602V

セルスターASSURA VA-810E

動画のススメ

■プロモーションビデオ


■バック駐車/車庫入れ
・左直角バック駐車

・左バック駐車!車庫入れ!

・前向き駐車!基本

・バック時のハンドルの向き

・バック駐車のコツ

・車庫入れミラー解説

・バック駐車のミラー

・車庫入れバック駐車法1

・進撃のバック駐車法2

・マイクロバス バック駐車


■車両感覚/車幅感覚
・車両感覚 奥様スラロームStep5

・車両感覚!据切りStep4

・車両感覚 Step3

・車両感覚 Step2

・車両感覚 Step1


■ハンドルの回し方
・くねくね山道 攻略法

・ハンドル操作の使い分け

・プッシュプルハンドル

・クロスハンドル

・立体駐車場ハンドル操作

・一般道ハンドル操作


■ミッション車の運転方法
・MT車って楽しい!

・バックの時のペダル操作

・MT車ダブルクラッチの方法

・等速シフトダウンって何?

・MT車 クラッチ操作あれこれ

・MT車 山道運転

・MT車エンジンオンオフ方法

・上手なシフトチェンジ

・クラッチの仕組みと動作


■坂道発進の方法
・ヒール&トゥで坂道発進

・MT車 ハンクラ坂道発進

・MT車 PKB坂道発進


■目線の使い方
・目線の訓練じゃ!

・まっすぐ走らせるコツ


■一般道路
・独り言運転 三重県

・狭い交差点右折コツ!

・なぜUターンが上手くできないか

・交差点右折方法その1

・一般道車線変更の方法2

・一般道車線変更の方法

・カーブの曲がり方

・車線変更の方法


■高速道路
・高速事故防止運転

・車のふらつき原因は

・高速jctの苦手克服!

・高速道路運転実況2

・高速道路運転実況1

・高速道 渋滞遭遇したら

・高速の車線変更の方法


■その他の動画
・運転姿勢を確認!

・ペダルのスムーズな踏替え方法

・同時にアクセルとブレーキ

・ペダル踏み違い防止方法

・LX&LC200オフロード走行

・ハイブリッドエンジンブレーキ

・AT車エンジンブレーキ

・ライトの種類説明

・トンネル走行時のポイント

・雪道運転の基本

・危険予知運転

・セルフスタンドで給油せよ!

・運転中の突然の雨に

・一発解消!ハンドルロック



PR
▲楽天でお買い物はコチラ

▲アマゾンでお買い物はコチラ

アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲家族、友人でキャンプ
リンク
メールフォーム
最新コメント
月別アーカイブ