車両感覚を身に付ける!車幅の感覚修得する方法 【左側タイヤの場合】Step3 - 車の運転上達のススメ -Boolog-

テストドライバー指導員が、運転がうまくなりたい!という人のお手伝い。車の豆知識や運転技術をわかりやすく解説!!
車の運転上達のススメ -Boolog- TOP  >  車両感覚 >  車両感覚を身に付ける!車幅の感覚修得する方法 【左側タイヤの場合】Step3

車両感覚を身に付ける!車幅の感覚修得する方法 【左側タイヤの場合】Step3

さて、「車両感覚を身に付ける!」もいよいよ最終第3ステップ

「左側タイヤの場合」です。


車両右側、中心、左側と 3つのステップでレクチャーしてますが

今回の左側で座学は終了、

次回 実技訓練でいよいよ最後となります。



ね?

3つしか無いし、別に簡単でしょ?


難しいのは、これを知った上で

あとは「感覚」を鍛えるところ

なんです。


前にも少しお話した「補正」ってやつですね。

つまり、これからこの先の訓練Step4が一番大事ってことです。





まあ、まずは今回のテーマ、

Step3左タイヤの場合を確認してみましょう。


■左タイヤの位置を理解する

まず、左タイヤの位置に白線を合わせてみましょう。


感覚3_convert_20150114183459


感覚4_convert_20150114183536


うん、しっかり載ってますね。


じゃ、運転席に座ってみましょう。




感覚1_convert_20150114183308


ほう。

車両中心の場合とちょっと似てますね。


前回の車両中心よりも少し左に線があるように見えます。



クルマの中心を通ってると思うラインが

左タイヤの位置になるんですね。




Step2のレクチャーを思い出しましょう。


車両感覚中心302_convert_20141230102517


前回、

「恐らく大半の人がこれまで車両の中心だと

思っていた位置は赤いラインだ」


と言いました。


しかし、

本当の車両中心は赤ラインのとなりの白ライン

でしたね。




要するに

これまで車両中心だと思っていた位置は

実は左タイヤ付近だった


ということです。






■クルマが左右どちらかへ寄ってしまう理由

感覚5_convert_20150114183602

これが左タイヤのラインです。





なので、今まで自分は「道の真ん中を走ってる」と

思って運転してても右に寄ってませんでしたか?


「駐車場に止めるといつも右に寄ってる」って人は

ずっとこの「感覚」で運転してたって事です。





もうひとつ、別の理由もあります。

車両感覚は分からないが、右側(運転席側)だけは距離が近いし

何となく分かるので、右には寄せることができる。



こんな人は左側を気にしなくても済むように

常に右に寄って運転しています。



右_convert_20150116202757





僕が今まで指導した中で右に寄って

運転してしまう理由は大きくこの2つでした。




こんな人は当然、左ハンドルの車に乗ると

今度は左へ寄ってしまいます。







じゃ、右ハンドルなのに左へ寄ってしまう人は?



道路の真ん中だ!と思うラインを自分の体の中心に自然と合わせて

いるんではないでしょうか?


右に寄るだとか左に寄るだとか、全然考えておらず

ただ自分が道の真ん中を走ればいいと。



このような運転をするのは年配の方に多いと感じます。
(booboow調べ)

恐らく、自分を中心にして右も左も同じスペースを保っていれば

安全だと思いこんでいると感じます。



左_convert_20150116202738



と、まあ、理由はいろいろあるでしょうが

どの辺が右タイヤ付近か、左タイヤ付近か、中心付近か、

知ってると知らないじゃ えらい違いです!

(↑ だいぶ決めセリフになってきた)






次回はいよいよ実技訓練で終了です。


さあ!

覚えた知識を感覚と合わせていきましょう!!


乞うご期待!!


で、出来た動画はコチラ。

関連記事
コメントの投稿
非公開コメント


Re: 目からウロコ

練習中 様〉

コメントありがとうございます。

嬉しい言葉、ありがとうございます。
皆さんの為にもっともっと
有益なサイトになるように頑張ります!

上達は訓練無くして成り立ちません。
頑張って下さいね!

ガードレールも分かって寄せるのと、
分からずに寄せるでは違いますよね。
何か困った事あれば
いつでも遊びに来て下さい。
お待ちしてます。

目からウロコ

とても分かりやすい解説をありがとうございます。
免許をとって3年、助手席に運転に慣れた人に乗ってもらわないと怖くて運転できません。
もっとはやくこちらのブログに出会っていたら、もっと上手に、安全な運転ができたろうなと思います。
明日からはこちらで教えていただいたポイントを頭に、運転をしていきたいとおもいます。
今までずっと左右のタイヤの位置を勘違いしていました。これでもう助手席の人に「ガードレールこすりそう」なんて叫ばれないと思います。

いえいえ、こちらこそ

KO-TA 様>

コメント、ありがとうございます。

いやぁ、そこまで言って頂けると
恥ずかしくて、照れちゃいますね・・・。(笑)
お褒めの言葉、本当にありがとうございます。

僕を使って、吸収できるところは
どんどん吸い取って下さい。

疑問やうまくいかないところあれば
何なりとコメント下さい。

僕と一緒に上手くなりましょう!


落ち込んだり、悩む必要はありませんよ。
だって、僕がいますから。


本当に感謝しています

30男性です。ペーパードライバー歴4年(免許をとったのも遅かった)です。都内ですので交通の便がいいことを理由に、街を走る恐怖を隠していました。

ですが、家族もでき、仕事で地方にいくことも増えなんとか克服したいと思い実家の車で、父に助手席に乗ってもらい練習をはじめました。

広い公園での駐車練習でも、未だ納得できるかんじではありません。先日公道で少し運転した際もすれ違いが怖かったです。

そんな中このサイトに出会いました。車両感覚がまだ掴めていない自分には目からウロコで次の練習が楽しみです。YOUTUBEも見ます!チャンネル登録します。

ぜひ書籍化してください。

男なのに運転できないというコンプレックスを強く長く感じていましたが、突破できそうです。尽くせぬほど、ありがとうございます。

是非!お願いします

しゅうかつこ 様>

コメントありがとうございます。

他の記事もみなさんにとって
必ず有益なものとなるよう
心掛けて作っていますので、
是非ご覧頂き、参考にしてみて下さい。

疑問なんか出てきたら
遠慮なくコメント下さいね。

お待ちしてます。


他の記事も読んでみます!

コメントの返事ありがとうございます!

そうだったんですね〜
確かに動画のほうがわかりやすそうです^ ^

まだまだ一人で運転するのもこわいし、車についてわからないことも多いので他の記事もいろいろ読んで気長に待つことにします!!!

たくさん記事を掲載してくださってるので目を通さなきゃ!!

また疑問に思うことがあったら質問させていただきます(*^^*)

す、すみませんっ!!

しゅうかつこ 様>

コメントありがとうございます。

すみませんっっ!!
ステップ4は、まだ記事にしておりませんっ!

このステップ4が車両感覚の最終であり、
実践でないと修得できないことから、
動画での指導を考えております。

まだ、動画が準備できてないんです・・・。
すみません・・・。
先に記事だけ起こしてもいいのですが・・・。

とにかく、
申し訳ありません。
すぐに動画を撮影して記事にしたいと思います。

それまでに何か質問などあれば、
気軽にコメント下さい!

(まだ、色んな途中記事が多いなぁ・・・)


ステップ4が気になります!!!

1年近くも前の記事にコメントしてしまいます、すみません!
4年のペーパードライバーを経て9月から運転を始めた者です!
運転する車が思いの外大きくて車幅とか後ろが曲がりきれるかなどわからないことが多く、車両感覚で検索していたところ見つけました!
とってもわかりやすい図と説明で、参考にしてます!
この記事のstep4は記事に起こしてありますか??
ぜひ読みたいです!

車両感覚、大事ですよお!

ゆきりょうママ 様〉

コメントありがとうございます。

ヒヨッ子ドライバーだなんて、とんでもない!
こんな車両感覚に付いて、これらを知ってるママさんドライバーは
そういませんよ!

あとは経験と意識した訓練です。

普段の運転でブレーキにしてもハンドルにしても
意識すれば必ず上達します!


僕を信じて頑張りましょう!



車両感覚は大事ですね。

分かりやすく丁寧な解説、画像で有難く拝読しています。
車両感覚の記事、大変参考になります。ありがとうございます。
脱ペーパードライバーを目指しているヒヨッ子ドライバーな私ですがしっかり車両感覚を身に付けたいです。

最近の私・・・
こんな事言っては何ですが
何だ、このゲームは・・・。

しかし、
今、ハマってます・・・。
Cube falls

■アプリダウンロードはこちら
カテゴリからさがす

当サイト人気の記事!
プロフィール


温泉が好きな
テストドライバー指導員。
超!超!初心者から
やや高度な運転技術まで
幅広く指導。

パパさんや運転苦手なママさん
にも分かり易く説明します。

質問があったら気軽に
コメントくださいね。

リンクフリー。 当サイトの記事の無断転載は ご遠慮ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加


お役立ち情報サイト!


BingoCars ランキングバナー



最新記事
よかったらアンケート

booboowを支援する
モチベーションアップ!!
お願いします。(笑)

>ほしいものリスト
最新 売れ筋Dレコーダー
ケンウッド DRV-610

コムテック ZDR-012

ユピテル DRY-WIFIV3c

最新 人気レーダー
コムテックZERO 702V

コムテックZERO 602V

セルスターASSURA VA-810E

動画のススメ

■プロモーションビデオ


■バック駐車/車庫入れ
・左直角バック駐車

・左バック駐車!車庫入れ!

・前向き駐車!基本

・バック時のハンドルの向き

・バック駐車のコツ

・車庫入れミラー解説

・バック駐車のミラー

・車庫入れバック駐車法1

・進撃のバック駐車法2

・マイクロバス バック駐車


■車両感覚/車幅感覚
・車両感覚 奥様スラロームStep5

・車両感覚!据切りStep4

・車両感覚 Step3

・車両感覚 Step2

・車両感覚 Step1


■ハンドルの回し方
・くねくね山道 攻略法

・ハンドル操作の使い分け

・プッシュプルハンドル

・クロスハンドル

・立体駐車場ハンドル操作

・一般道ハンドル操作


■ミッション車の運転方法
・MT車って楽しい!

・バックの時のペダル操作

・MT車ダブルクラッチの方法

・等速シフトダウンって何?

・MT車 クラッチ操作あれこれ

・MT車 山道運転

・MT車エンジンオンオフ方法

・上手なシフトチェンジ

・クラッチの仕組みと動作


■坂道発進の方法
・ヒール&トゥで坂道発進

・MT車 ハンクラ坂道発進

・MT車 PKB坂道発進


■目線の使い方
・目線の訓練じゃ!

・まっすぐ走らせるコツ


■一般道路
・独り言運転 三重県

・狭い交差点右折コツ!

・なぜUターンが上手くできないか

・交差点右折方法その1

・一般道車線変更の方法2

・一般道車線変更の方法

・カーブの曲がり方

・車線変更の方法


■高速道路
・高速事故防止運転

・車のふらつき原因は

・高速jctの苦手克服!

・高速道路運転実況2

・高速道路運転実況1

・高速道 渋滞遭遇したら

・高速の車線変更の方法


■その他の動画
・運転姿勢を確認!

・ペダルのスムーズな踏替え方法

・同時にアクセルとブレーキ

・ペダル踏み違い防止方法

・LX&LC200オフロード走行

・ハイブリッドエンジンブレーキ

・AT車エンジンブレーキ

・ライトの種類説明

・トンネル走行時のポイント

・雪道運転の基本

・危険予知運転

・セルフスタンドで給油せよ!

・運転中の突然の雨に

・一発解消!ハンドルロック



PR
▲楽天でお買い物はコチラ

▲アマゾンでお買い物はコチラ

アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲家族、友人でキャンプ
リンク
メールフォーム
最新コメント
月別アーカイブ