テストドライバー指導員が、運転がうまくなりたい!という人のお手伝い。車の豆知識や運転技術をわかりやすく解説!!
Yahoo!カテゴリに当サイト「車の運転上達のススメ」登録掲載中!! 皆さんのご支援、ありがとうございます!!
車の運転上達のススメ -Boolog- TOP  >  車両感覚 >  車両感覚を身に付ける!車幅の感覚修得する方法 【車両中心の場合】Step2

車両感覚を身に付ける!車幅の感覚修得する方法 【車両中心の場合】Step2

さて、今回は車両中心の位置を見極める方法です。


前回レクチャーした「車両右側の場合」は修得できましたか?

知ってるだけじゃ、だめですよ。

自分の車で「アクセル踏んだ時、右足のつま先で線を踏んでる!」

って感覚が車の右タイヤが線を踏んでる位置だと言いましたが

何度も車から降りて確認しないとダメですよ。




「感覚」は やはり「感覚」であって、

「絶対」ではありません。


なので、僕らも何度も何度も訓練して修得しました。


「なあんだ・・・」と思わずお付き合いください。

必ずできるようになりますから。





■車両中心を理解する

さて、改めまして今回は車両中心の感覚を鍛えましょう。



車両の中心はここ。


車両感覚中心1_convert_20141229225011


じゃ、運転席に座ってみて下さい。


車両感覚中心2_convert_20141229225118



どうですか?

右側に見える縦のラインが車両中心です。


これまた、意外と右寄りに見えますね。

恐らくこれだけで「ホントに結構右寄りに見えるんだな・・・」

と思ったのではないですか?




それは

今まで、キチンと車両中心にラインを合わせて

運転席から見たことがない


からですよ。




で、左足を「フットレスト」と言われる足置きに置いてみて。


左足で線を踏んでるように見えます。




車両感覚中心3_convert_20141229225233




この、

フットレストに左足を置いたとき

左足でラインを踏んでる位置が車両中心
です。



車両感覚中心301_convert_20141230102455




運転席から見て「車両中心はここだ」と思い込んでたラインって

今まで下の図の赤い線くらいじゃなかったですか?



車両感覚中心302_convert_20141230102517



運転席から見ると、こんだけズレて見えるんですねぇ。







車を道路の幅の真ん中を走らせる場合、

この車両中心が分かってないと右に寄ったり

左に寄ったりして真っ直ぐ走ることができません。


車の右の感覚や左の感覚よりも

車両の中心が実は一番大事でして、

左や右に寄って走ることを防止するだけじゃなく

ピシッと真っ直ぐふらつかずに走ることもできる

ようになります。


これは「真っ直ぐ車を走らせる方法」で紹介してますので

合わせて確認して頂ければいいでしょう。

↓↓↓
>真っ直ぐ車を走らせる方法



この時、「目線」が大事ってのもポイントですので

よーく確認してみてくださいね。









ほーら。

これで車の右側と中心が「この辺だな」ってのが

分かりましたね。


あなたのこれまでの思いこんでた車両感覚のエリアは

グッと狭くなって精度が上がったはずです。


あとは何度も言うように

この「感覚」と「実際の位置」を車から降りて確認してくださいね。

究極は、更に精度が上がって「mm単位」で分かるようになりますよ。

(かなり訓練が要りますが・・・)




あ、それから この車両感覚に対して

「そんなの車の大きさで違うから意味ないじゃん」

って意見も他のサイトで見かけます。




実はそうじゃないんだなぁ。

だから、この「感覚」ってのがミソで、

ドライバーは乗った車の大きさを補正して

車両感覚をイメージしてるんですねぇ。

(次回、この辺も理解頂けるよう記事にします)



なので、僕らテストドライバーはどんな車に乗っても

車両感覚がイメージできるんですよ。

この車だけ有効な方法なら紹介なんてしません。

これらの方法は全ての車で有効ですのでご安心を。





だって、そんなことだったら

車の運転が上手い人って車変えたら下手になっちゃう・・・でしょ?


でも、確かに車によって多少の「補正」は必要ですが

色んな車に乗れば「自分の技量の幅」が広がるってもんです。



頑張ってトライしましょう!!


↓↓↓ Step2 動画アップしました!('15,12,24)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
参考になったら是非!!
車両感覚。これ結構大事ですよ。
和世 様〉

コメントありがとうございます。

実は、「車両感覚あって運転上達するものでもあり
運転上達の先に車両感覚が備わるものでもある」と、
僕は考えてます。

まあ、それほど車両感覚は大事ですってことですね。

この車両感覚。
結構鍛えると、他の操作も一気に上達できるほど
大事な感覚だったりします。

今度、車両感覚のトレーニング方法を紹介しますので
是非トライしてみて下さいね。


またいつでも遊びに来て下さいね。


[ 2015/01/07 05:15 ] [ ]
久しぶりです☆
確かに車両感覚とか全くわからなかったです。
自分は道路の真ん中を走ってるつもりでも右に寄ったり、左に寄ったりしてるかも…
そうゆう車たまに見ます。

この間赤のコーンに車をぶつけてしまいました(汗)
車両感覚ない証拠ですよね。
[ 2015/01/06 21:37 ] [ ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリからさがす

当サイト人気の記事!
プロフィール


温泉が好きな
テストドライバー指導員。
超!超!初心者から
やや高度な運転技術まで
幅広く指導。

パパさんや運転苦手なママさん
にも分かり易く説明します。

質問があったら気軽に
コメントくださいね。

リンクフリー。 当サイトの記事の無断転載は ご遠慮ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加


お役立ち情報サイト!


BingoCars ランキングバナー



よかったらアンケート

booboowを支援する
モチベーションアップ!!
お願いします。(笑)

>ほしいものリスト
最新 売れ筋Dレコーダー
カロッツェリア ND-DVR1

TAXION TX-07

ユピテル DRY-WIFIV3c

最新 人気レーダー
コムテックZERO 702V

コムテックZERO 602V

セルスターASSURA VA-810E