テストドライバー指導員が、運転がうまくなりたい!という人のお手伝い。車の豆知識や運転技術をわかりやすく解説!!
Yahoo!カテゴリに当サイト「車の運転上達のススメ」登録掲載中!! 皆さんのご支援、ありがとうございます!!
車の運転上達のススメ -Boolog- TOP  >  ニュース 多事独論 >  次期ホンダNSX 車両火災直後の写真公開

次期ホンダNSX 車両火災直後の写真公開

ドイツ・ニュルブルクリンク北コースを開発テストで走行中、

車両火災により、ほぼ全焼した次期ホンダ(アキュラ)『NSX』の開発プロトタイプ車。

この車両火災直後の写真を、スクープカメラマンが公開している。


この車両火災は、7月24日に発生。

次期NSXの開発プロトタイプ車は、2015年の生産開始を前に

性能確認の目的で、ニュルブルクリンク北コースをテスト走行していた。


ところが、車体の後部付近から、突然、出火。

ホンダのテストドライバーがこれに気づき、車両を停止し、脱出。

しかし、火は瞬く間に燃え広がり、車両はフロント部分を残して、ほぼ全焼している。


自動車のスクープ写真を、各メディアに配信している『SB-Medien』は、

公式Facebookページを通じて、この車両火災直後の写真を公開。

激しく炎を上げる次期NSXの開発プロトタイプ車の様子が見て取れる。

(レスポンス)




NSX1_convert_20140727132900.jpg
ホンダ NSX コンセプト(東京モーターショー13)


NSX2_convert_20140727132931.jpg

NSX3_convert_20140727132951.jpg
独ニュルブルクリンクでテスト走行をおこなうホンダ次期NSXのプロトタイプ


NSX4_convert_20140727133013.jpg
次期ホンダNSX開発プロトタイプ車の火災直後の
写真を公開した『SB-Medien』の公式Facebookページ





このような試作車やプロトタイプ、リビルド車と呼ばれる車両は

通常の量産車と違って、実績やデーター収集 及び分析が乏しく

まれにこのような事件も発生する。



この車両火災、このサイトの読者さんなら知ってる

前回記事でも紹介した「FH」と言われる現象だが、

エンジンや排気管近傍の部品が熱によって燃え出す または

配線類のレアショートによって発生したと考えられる。




しかし、このテストドライバー。

あぶなかったですねぇ・・・。



燃料タンクに引火したら「ボン!」だったでしょう・・・。





僕が経験したテストコースのエピソードといえば・・・



テストコースを高速走行中にハトが飛んできて

クルマのアンテナに引っかかってもがいてた・・・くらいだな・・・。


いや、すみません、たいした事なくて・・・。




関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
参考になったら是非!!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリからさがす

当サイト人気の記事!
プロフィール


温泉が好きな
テストドライバー指導員。
超!超!初心者から
やや高度な運転技術まで
幅広く指導。

パパさんや運転苦手なママさん
にも分かり易く説明します。

質問があったら気軽に
コメントくださいね。

リンクフリー。 当サイトの記事の無断転載は ご遠慮ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加


お役立ち情報サイト!


BingoCars ランキングバナー



よかったらアンケート

booboowを支援する
モチベーションアップ!!
お願いします。(笑)

>ほしいものリスト
最新 売れ筋Dレコーダー
カロッツェリア ND-DVR1

TAXION TX-07

ユピテル DRY-WIFIV3c

最新 人気レーダー
コムテックZERO 702V

コムテックZERO 602V

セルスターASSURA VA-810E