テストドライバー指導員が、運転がうまくなりたい!という人のお手伝い。車の豆知識や運転技術をわかりやすく解説!!
Yahoo!カテゴリに当サイト「車の運転上達のススメ」登録掲載中!! 皆さんのご支援、ありがとうございます!!
車の運転上達のススメ -Boolog- TOP  >  なるほど豆知識 >  スピードが上がるとこわい!

スピードが上がるとこわい!

高速道路を運転するとスピードが速いし余裕がなくなってこわい・・・。


なぜスピードが上がると運転がこわくなるのか?



doutaisiryoku2.jpg




「その人の運転が下手じゃないの?」

なんて思う人もいるかもしれませんが、これは人間であれば

誰しもそうなる特性があるからなので その人個人の上手い下手が

全ての要因じゃあ ありませんので安心してね。

誰だってそうです。





僕らテストドライバーだって そりゃこわい。

訓練されてても こわいものはこわい。





大概的に、車を運転しているときの情報の約90%は視覚情報であるといわれている。


運転中に目を動かさずに見える視野範囲は、

しっかり見てるポイント(注視点)から視角約5度の範囲。


その中に もっとも視力が鋭い「中心視」と、

その周りでぼんやり見えてる「周辺視」領域から構成されている。





で、ドライバーは この「周辺視」で路面や景色の「流れ」や「速さ」をとらえて

今の走行状態を確認して「注視点」でより詳細な動きや物体の状況を捉えている。





スピードが速くなると物が見えにくくなるのは、動体視力が関係している。


この「動体視力」ってのは動いているものを見たり、

動きながらものを見る時の視力のことで 通常の視力(静止視力)とは異なります。





偉い人の研究や色んな資料などで、

一般的に遠くから直線的に近づいてくる物体の見え方を計測すると、

速度が速くなるほど動体視力が低下する傾向があり、

歳をとったり目の疾病なんかによっても低下するって言われてます。




doutaisiryoku.jpg




スピードが速くなると ドライバーの視野は狭くなり

時速40km/hの場合 ドライバーは約100度の範囲の視野があり、

障害物やその他の潜在的な危険を視認することが可能だが、

130km/hほどでは視野は約30度まで狭くなり、

周囲の潜在的な危険を認識する能力が大きく低下するそうです。





僕らテストドライバーも同じ。

人間ですもの。


でも、この動体視力や視認領域を訓練で引き上げることは可能です。


スピードが上がると狭くなる視野範囲をあまり狭くならないようにする。

そうすれば、本来他の人では「危険」と認識するところを見逃してしまうことも

「危険」と正しく認識することができますね。



特別な訓練などはやってませんが、高い車速度域を日々運転している

テストドライバーなら ある程度できるようになります。





野球選手なんかも動体視力は大事でしょうし

毎日毎日あんな早い球を目で追いかけてれば

球が止まったように見えるのではないでしょうか。(← それは言いすぎ)




動体視力の訓練をして早いスピードに慣れましょう

って言ってるのではなくて

人間 そうなるものだから そこを理解して

道路やその状況 そして自分の運転技能に合ったスピードで

安全運転を心掛けましょうってことです。





関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
参考になったら是非!!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリからさがす

当サイト人気の記事!
プロフィール


温泉が好きな
テストドライバー指導員。
超!超!初心者から
やや高度な運転技術まで
幅広く指導。

パパさんや運転苦手なママさん
にも分かり易く説明します。

質問があったら気軽に
コメントくださいね。

リンクフリー。 当サイトの記事の無断転載は ご遠慮ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加


お役立ち情報サイト!


BingoCars ランキングバナー



よかったらアンケート

booboowを支援する
モチベーションアップ!!
お願いします。(笑)

>ほしいものリスト
最新 売れ筋Dレコーダー
カロッツェリア ND-DVR1

TAXION TX-07

ユピテル DRY-WIFIV3c

最新 人気レーダー
コムテックZERO 702V

コムテックZERO 602V

セルスターASSURA VA-810E