2015年05月 - 車の運転上達のススメ -Boolog-

テストドライバー指導員が、運転がうまくなりたい!という人のお手伝い。車の豆知識や運転技術をわかりやすく解説!!
車の運転上達のススメ -Boolog- TOP  >  2015年05月
またちょいと用事があって

今回は大阪へやってきました。




通天閣_convert_20150523172651




車で街の中をクルクル運転してきましたが、

非常に疲れた!!




やはり「慣れ」でしょうか・・・。

みんな狭い車と車の間をスルスルとすり抜けて運転している。



「互いの意思疎通」を確認する時間はあるのだろうか?

と、疑問を持ちながら見ていても うまいこと

みんな 何気に運転している・・・。



「都会の人はコワイなあ・・・」

と、思いながら運転する田舎者でした・・・。






で、街中でよく目にする路上パーキング。

結構、数も多く 「縦列駐車テクニック」を使わなければいけません。


更に交通量の多い道路なんかだと

ノロノロ縦列駐車してたら 後ろに渋滞なんかできちゃって

よけいに焦ってしまう。




縦列駐車_convert_20150523173757




とりあえずは私、こんな臆病な田舎者ですが

一応、テストドライバーの意地を見せ付け、

一発10秒以内に縦列駐車完了。


みなさんに偉そうな事ばかり言ってますので、

これくらい出来ないと呆れられちゃいますよね・・・。





さて休憩するかと、ちょっと仕事も忘れて たこやきタイム。



大阪たこやき_convert_20150523174721




「んー、いつかサイト記事と動画に

縦列駐車の方法もアップせんといかんなぁ・・・」

と、思いながら もぐもぐ うまいたこやきをほおばってました。




うん。

大阪のたこやきは、安くてうまい!

でした。


記事の更新が滞っております・・・。


新型車の立ち上げで、最終段階に来ており

毎日忙しい日々を送っております・・・。






さて、

またつまらぬ事をぼやいて記事にしますが、

最近のクルマの新装備の複雑さは非常にやっかい。


勝手にハンドルが動いたり、ブレーキが掛かったり

前の車に追従して減速するや加速するや

「ドライバーなんていらんじゃん!」

と、思うようなものばかりです。



その内、

全部クルマが運転するので

「自分が乗らなくても 車だけ行ってくれればいいじゃん」

ってなって、無人の車を「いってらっしゃーい」とか

人が見送るんではなかろうかと。(← まったく意味がない)






まあ、何が言いたいかといいますと 携わるこんな僕達でも

「色んな機能を覚え切れないっ!」

って状況です。





あとは、

運転の上手い下手も関係なく

運転する楽しさが薄れるなぁとの危機感も・・・。





このサイトでハンドルの回し方やタイミングなんかレクチャーしてても、

その内 必要なくなるのではないでしょうか。





今やGoogleやメーカーの開発している

自動運転の車が実用的となれば

ホントにそう遠くない将来、そんな時代がくるんでしょうね。




自動運転2_convert_20150515213448





すばらしいやら、うれしいやら、悲しいやら・・・

って感じです。




こんな事ぼやいてても

明日も仕事・・・。




さ、もう寝て 明日もがんばろ。




「目線が近い」って自動車学校でよく

指導員に言われる人もいるかと思います。





この「目線」。

非常に大事だってのは以前、記事にもしましたが

実はなかなかできるものではありません。




しかも、「あ!なるほど!」なんて分かるには ある程度の

運転経験も無いとなかなか目線が近い事に気付かない。

実はこんな僕も運転歴3年経った後の

テストドライバー訓練で「!」って初めて気付きました。


それまで

目線なんて気にしたことなかったですし、

目線でこれほど運転が変わること


にかなり驚きました。








遠くを見て、これまでの運転に変化があるから

「あ!なるほど!」と気付くのであって、

「とにかく遠くを見ろ!目線が近い!」なんて言われても

今見てる目線が遠いのか近いのかも分からない。

運転経験が浅い方は特にそうだと思います。




つまり、どこを見ればいいのか、

そして、遠くを見ると運転の何が変わるのか分からない内に

近いだの遠くだの言われてもねぇ・・・。




この画像、みなさんはどこ見ますか?

目線_convert_20150507151545


当然、信号など確認もするでしょうが

もうここまで迫ってる状況なら

その先のカーブを見るべきですね。


目線1_convert_20150507151752


僕なら黄色の枠内を見て運転してます。





まず、初心者さんに分かって頂きたいことは

目線を遠くに置くことで確実に変わるもの。

・ひとつひとつの操作が確実に完了できます

・操作全てに余裕が出てきます

・安全運転ができるようになります



これね、ひとつひとつの項目で記述してますが、

全部つながってて、サイクルになってます。



当然、遠くばかりだけでもだめですね。

近くも遠くも交互に見れるようにしましょう。




で、目線が遠くなることでどうなるか?

目線を遠くに

早めに情報収集ができる

それに合わせて勝手に体が動く

早めに初期動作を開始できる

各操作がバラけるので重複しない

意識が操作だけに集中しない

周囲を確認する余裕ができる

安全運転につながる

こんなイメージです。




近くばかりを見ていては、その先の情報収集が遅れ

その場その場の操作になるので

ウィンカーを出すやブレーキを踏む、ハンドルを切る

なんて操作が重なって大忙しです。


それらをやりながら信号を確認、歩行者はどうだなど

安全確認もやれっていわれても無理ですね。






僕らは訓練の初歩の初歩は

呼称運転といって口に出して安全確認

します。




たとえば・・・

遠くに横断歩道があると

「横断歩道、確認!」

近くに来たら

「一旦停止ヨシ!横断歩道ヨシ!」

と、言って車両停止。

安全だと確認が済んだら発進します。



遠くに信号があると

「信号機、確認!」


近くに来て信号が青なら

「信号ヨシ!通過します!」


信号が黄色や赤色なら

「信号機、注意!車両停止!」

ってな具合です。



「信号機確認!」って言えば隣の指導員は

「お!ちゃんと遠くが確認できてるな。」と思いますので

”視野が広いから隣に安心して乗っていられる”わけです。


僕も今や指導員の立場ですが、この「呼称」がないと

”大丈夫か?分かってるか?オイオイ歩行者いるぞ!”

なんて心の中で叫んだりしてヒヤヒヤします。




この呼称運転の目的は

「日常の運転サイクルの中に潜在するあらゆる情報を

口に出して言う事で”何がどう危険なのか”をドライバーの

頭と体に染込ませること」にあります。


当然、運転中ですので指を指してまで

確認する必要はありません。


より遠くの情報を収集し、口に出して

安全確認することで自然と目線も遠くなります。




みなさんも運転に自信がない、初心者の方ならば

是非やってみてください。

って言うか、やってください。



これをやることで

必ず目線が遠くに置けるようになります!


僕が断言します。

ですので僕を信じてトライしてみて下さい。

「ドライブレコーダーって必要なの?」

「無くて普通だし、あると便利だとも思わない。」

「いつ使うんだ?」

など、ドライブレコーダーには色んな意見があるようです。




「買おうかな」と思っても性能など

なにが一番いいのか分からない・・・。



そりゃ、高ければ高いほどいいんだろうが

使わない機能が沢山あっても意味ないし・・・。






現在、僕は4つのドライブレコーダーを所有してます。

一つは8000円ほどの日本製。

あとは全部3000円くらいの安価な中国製。


正直、「あったからどうか?」と、言われると

特にどうってことありません。






しかしですね、

事故の時は必ず役に立ちます。


基本的に事故が起きた時、

警察は両者から意見を聞くしかなく、

後は目撃者や事故車の破損状況から少しずつ

「本当にどうであったか」を紐解いていきます。



例えば、ブレーキの後から

「どこからブレーキを開始したか」

「ブレーキ痕の長さから速度はどれくらいであったか」

「どのレーンを走行していたか」

「車両のどこに破損があるか」

など、さまざまです。




ここで、取り付けたドライブレコーダーが全て記録して

くれていれば問題ないのですが、

横から追突されたり後ろから追突されたり、

画面の映ってない部分で事故したらどうするの?

なんて思いますが、実はそこから分かる情報もあります。






これは実際に経験した、私の妻の事故ですが

コンビニに駐車しようと敷地内へ進入。

その際、駐車スペースから後退で出ようとしている車両を確認。

「今、動くと危険だ」と判断し止まってその場でやり過ごすことに。


しかし、相手は気付いておらずそのままバックを継続。

「!」と思い、妻はホーンを鳴らして警告。

それでも相手は後退を続け、最後は「ガシャン!」



事故_convert_20150503210658



この時のポイントは

「どちらが動いていたか」

→映像は止まっているので動いていたのは「相手」だと分かる


「ホーンで警告してどれくらいで接触したか」

→相手はホーンを聞き、止まれる時間があったか


「どこで停車していたか」

→こちらが逆に動線上で妨害した位置ではなかったか




など、映っていなくても推測できる材料がそろいます。

結果、こちらも事故割合は発生しましたが

映像が無い場合と比べ

3割負担を減らすことができました。

(ある程度割合決定した後、「証拠がある」と映像を提示)






つまり、ドライブレコーダーは

「無いよりもあった方がよい」訳であって

無駄ではないと言うこと。


事故なんて何もない事が一番良い訳ですが、

何かあった場合の保険になる事は間違いありません。





高価な機能は必要ないと考えます。

ただ映像が録画できればいいのですが、

「映像が切れる」

「前車のナンバーが分からない解像度」

などは除外して安価なもので十分です。




あれこれ考えて「付けるか付けないか」悩むより、

安いものを付けちゃえばオールOKでしょう。



次回、

「これなんてどう?」ってドライブレコーダーを

紹介しますのでしばしお待ちを!



最近の私・・・
こんな事言っては何ですが
何だ、このゲームは・・・。

しかし、
今、ハマってます・・・。
Cube falls

■アプリダウンロードはこちら
カテゴリからさがす

当サイト人気の記事!
プロフィール


温泉が好きな
テストドライバー指導員。
超!超!初心者から
やや高度な運転技術まで
幅広く指導。

パパさんや運転苦手なママさん
にも分かり易く説明します。

質問があったら気軽に
コメントくださいね。

リンクフリー。 当サイトの記事の無断転載は ご遠慮ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加


お役立ち情報サイト!


BingoCars ランキングバナー



最新記事
よかったらアンケート

booboowを支援する
モチベーションアップ!!
お願いします。(笑)

>ほしいものリスト
最新 売れ筋Dレコーダー
ケンウッド DRV-610

コムテック ZDR-012

ユピテル DRY-WIFIV3c

最新 人気レーダー
コムテックZERO 702V

コムテックZERO 602V

セルスターASSURA VA-810E

動画のススメ

■プロモーションビデオ


■バック駐車/車庫入れ
・左直角バック駐車

・左バック駐車!車庫入れ!

・前向き駐車!基本

・バック時のハンドルの向き

・バック駐車のコツ

・車庫入れミラー解説

・バック駐車のミラー

・車庫入れバック駐車法1

・進撃のバック駐車法2

・マイクロバス バック駐車


■車両感覚/車幅感覚
・車両感覚 奥様スラロームStep5

・車両感覚!据切りStep4

・車両感覚 Step3

・車両感覚 Step2

・車両感覚 Step1


■ハンドルの回し方
・くねくね山道 攻略法

・ハンドル操作の使い分け

・プッシュプルハンドル

・クロスハンドル

・立体駐車場ハンドル操作

・一般道ハンドル操作


■ミッション車の運転方法
・MT車って楽しい!

・バックの時のペダル操作

・MT車ダブルクラッチの方法

・等速シフトダウンって何?

・MT車 クラッチ操作あれこれ

・MT車 山道運転

・MT車エンジンオンオフ方法

・上手なシフトチェンジ

・クラッチの仕組みと動作


■坂道発進の方法
・ヒール&トゥで坂道発進

・MT車 ハンクラ坂道発進

・MT車 PKB坂道発進


■目線の使い方
・目線の訓練じゃ!

・まっすぐ走らせるコツ


■一般道路
・独り言運転 三重県

・狭い交差点右折コツ!

・なぜUターンが上手くできないか

・交差点右折方法その1

・一般道車線変更の方法2

・一般道車線変更の方法

・カーブの曲がり方

・車線変更の方法


■高速道路
・高速事故防止運転

・車のふらつき原因は

・高速jctの苦手克服!

・高速道路運転実況2

・高速道路運転実況1

・高速道 渋滞遭遇したら

・高速の車線変更の方法


■その他の動画
・運転姿勢を確認!

・ペダルのスムーズな踏替え方法

・同時にアクセルとブレーキ

・ペダル踏み違い防止方法

・LX&LC200オフロード走行

・ハイブリッドエンジンブレーキ

・AT車エンジンブレーキ

・ライトの種類説明

・トンネル走行時のポイント

・雪道運転の基本

・危険予知運転

・セルフスタンドで給油せよ!

・運転中の突然の雨に

・一発解消!ハンドルロック



PR
▲楽天でお買い物はコチラ

▲アマゾンでお買い物はコチラ

アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲家族、友人でキャンプ
リンク
メールフォーム
最新コメント
月別アーカイブ