車の豆知識・運転技術を動画や文章で解説するサイト。シフトチェンジのコツ、バック駐車・車庫入れのしかたなどのカテゴリ別に記事を掲載
車の運転上達のススメ -Boolog- TOP  >  2015年02月

レクサスLX 2015年に国内導入か

[デトロイト 25日 ロイター]
米調査会社JDパワー・アンド・アソシエーツが25日発表した

自動車の信頼性調査によると、トヨタ自動車の「レクサス」ブランドが

4年連続で1位となった。


Lexus_convert_20150220062536.jpg






なかなかやりますね。トヨタ自動車。

いや、レクサスってブランド名で言った方がいいですね。



レクサスって言えば、昨年からネットで一部話題になっていた

ランドクルーザー200っていう大型SUV車が国内にレクサスとして

今年2015年に導入される話があるそうだ。




また、レクサスではないがランドクルーザー70は

国内に投入されて予定の販売台数を大きく超え

追加生産と絶好調のトヨタ自動車。



今度はランクル200がレクサスとして国内導入されれば

また大きく話題をさらうことでしょう。



現行の海外版レクサスと形は変わるのか?

マニアにとっては非常に楽しみですね。



LX570_convert_20150226184222.jpg




しかし、今のランクル200の上級グレードで600~700万円ほど

するそうなので、これがレクサスブランドとなるといくらするんだ?


一千万円くらいするんじゃないでしょうか?

と、とても手が出ません・・・。



LX570_2_convert_20150226184321.jpg






仕事柄、こんな仕事してますので、

現行の海外版ランドクルーザー200のレクサス車、

つまりLEXUS LX570には乗ったことがありますが

お金持ちが乗る車ですね・・・。




フロントは独立懸架式サスペンションでリヤはリジットサスペンション。

昔のランクルに比べれば直進安定性は格段に向上したが、

もはやSUVでありながらオフロードではなくなって来ている。





可もなく不可もなく・・・って感じで特に内装、外装などの

商品性や走りや性能もあまりアピールが感じられないが

ステータスとして購入するにはいいのではないかと。

(↑ あくまでも私個人の意見です)




INST_convert_20150226184434.jpg





しかし、トヨタブランドやレクサスブランドとしては海外、

特に米国ではJDパワー社の信頼性調査では首位をキープ。

購入したお客さんは全体的に満足しているってことですね。



このJDパワー社の信頼性調査って何かと言いますと、

JDパワーと言うアメリカを拠点とした市場調査及びコンサルティング会社が

毎年行っている顧客満足度調査(IQS)。


この調査で上位になれば、品質が良く 購入したお客さんは

非常に満足している事になり、人気車となるって感じでしょうか。

やはり、品質には強いですね トヨタ自動車。






国内レクサス版ランドクルーザー。

いつか公道で目にする日がくるのでしょうか。

楽しみですね。




このエントリーをはてなブックマークに追加
参考になったら是非!!

新型車の開発で思うこと

ちょっと前から始まったある新型車の開発。


「開発」とは言っても すでに70%ほどの完成度だろうか。

フルモデルチェンジではないが、まあそれなりに大きな変化点。





トランスミッションも新しくなるので、総合的な車両特性との

相性や制御によるドライバビリティーの影響が予測されます。




test_convert_20150221050539.jpg
イメージ






今まで、現場第一線としてハンドルを握って 自分なりに頑張って来た。

自分の手の届く範囲の中で、一番になろうと頑張ってきた。


「数あるドライバーの中でも、この範囲の中では一番になってやろう」と。





しかし、もう現役引退の歳かな。


下を育てることにウェイトを置くべきではないかと思うようになった。




別に僕がテストドライバーの中でもダントツ光るものを持っている訳でもない。

でもしかし、これまで経験したノウハウは間違いなくノウハウであり、

僕のレベルでも必要と感じる人がいるならば伝授しようと考える。




来月さっそく、試乗テストがあるが 後輩に託してみた。

失敗してもいいし、むしろ失敗しろ。

でもそこから学んで、また立ち向かう。


今まで自分はそうしてきたつもり。




運転が上手くなりたい!

絶対、あいつには負けない!



小さな範囲でも目標を持つと持たないでは大違い。




後輩達にはそうなってほしい。





乗れと言われたから乗る。

取れと言われたから資格を取る。




そんなやつは僕の後を着いてこなくていい。

そこで技術伝承が途絶えるなら、仕方ない。と思う。






・・・。

すみません。

何言ってるんでしょうね。




部下育成に悩み、期待もしてる おじさんの

くだらないつぶやきだと思ってスルーして下さい。




そんなこんなで最終的には今年の夏過ぎには

みなさんのお目に掛かれる車が登場するはずですよ。





このエントリーをはてなブックマークに追加
参考になったら是非!!

こわくない!雪道の高速道路 車線変更はゆっくりやろう

雪道運転で気をつけることにも色々あるが、今回は

高速道路での車線変更(レーンチェンジ)。




雪道1_convert_20150103143553





まずレーンチェンジの基本動作、

もう覚えてくれましたか?



先回レクチャーしたので、もうみなさんバッチリですね。



雪道だろうが何だろうが、車線変更の基本動作は同じです。

しかし、雪道ではもう一つ これに気をつけなければいけません。






「わだち」です。





車線と車線の間、または左右のタイヤの間には

はじき飛ばされたゆきが固まってます。





ずーっと、前車が走ったタイヤの跡(わだち)に沿って走れば

特に問題ありませんが 車線変更すると

この雪のかたまりに乗り上げることになるので

ハンドルはしっかり握っていつもよりゆっくり操作しましょう。





この雪のかたまりは柔らかくなく氷のかたまりになっている場合が多く、

これにタイヤが乗り上げた瞬間、滑ってコントロールを失ったり

「ステアリング キックバック」と言って

ハンドルが勝手に回って思わぬ方向へ進んだりします。





wadachi_convert_20150213104033.jpg





ハンドルを回せばタイヤが動く訳なので、

タイヤが大きな段差などで動かされたら

逆に室内のハンドルが勝手に動くのも理解できますよね。


これが「ステアリング キックバック」。



しっかり握ってハンドルを ゆーっくり切って

もしハンドルが勝手に動いても

慌てず「いなし」ましょう。


この「いなす」ってのは

軽く受け止めてすぐに修正舵を当てることです。



つまり、

ハンドルが勝手に動いても 無理に戻すのではなく

あまり動かないように握っておきますが

ハンドルの動きが収まったら すぐに

本来行きたい方向へ舵を当てるってことです。



「無駄なく力を入れずに敵の力を受け流す」

合気道のような感じ。(← いや、まったく違います)



まあ、そんなイメージってことですよ。

分かってくれましたか?(← いや、分かりません)





このエントリーをはてなブックマークに追加
参考になったら是非!!
カテゴリからさがす
当サイト人気の記事!
プロフィール


温泉が好きな
テストドライバー指導員。
超!超!初心者から
やや高度な運転技術まで
幅広く指導。

パパさんや運転苦手なママさん
にも分かり易く説明します。

質問があったら気軽に
コメントくださいね。

リンクフリー。 当サイトの記事の無断転載は ご遠慮ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加


お役立ち情報サイト!


BingoCars ランキングバナー



よかったらアンケート

booboowを支援する
モチベーションアップ!!
お願いします。(笑)

>ほしいものリスト
最新 売れ筋Dレコーダー
ケンウッド DRV-610

コムテック ZDR-012

ユピテル DRY-WIFIV3c

最新 人気レーダー
コムテックZERO 702V

コムテックZERO 602V

セルスターASSURA VA-810E