2014年07月 - 車の運転上達のススメ -Boolog-

テストドライバー指導員が、運転がうまくなりたい!という人のお手伝い。車の豆知識や運転技術をわかりやすく解説!!
車の運転上達のススメ -Boolog- TOP  >  2014年07月
ドイツ・ニュルブルクリンク北コースを開発テストで走行中、

車両火災により、ほぼ全焼した次期ホンダ(アキュラ)『NSX』の開発プロトタイプ車。

この車両火災直後の写真を、スクープカメラマンが公開している。


この車両火災は、7月24日に発生。

次期NSXの開発プロトタイプ車は、2015年の生産開始を前に

性能確認の目的で、ニュルブルクリンク北コースをテスト走行していた。


ところが、車体の後部付近から、突然、出火。

ホンダのテストドライバーがこれに気づき、車両を停止し、脱出。

しかし、火は瞬く間に燃え広がり、車両はフロント部分を残して、ほぼ全焼している。


自動車のスクープ写真を、各メディアに配信している『SB-Medien』は、

公式Facebookページを通じて、この車両火災直後の写真を公開。

激しく炎を上げる次期NSXの開発プロトタイプ車の様子が見て取れる。

(レスポンス)




NSX1_convert_20140727132900.jpg
ホンダ NSX コンセプト(東京モーターショー13)


NSX2_convert_20140727132931.jpg

NSX3_convert_20140727132951.jpg
独ニュルブルクリンクでテスト走行をおこなうホンダ次期NSXのプロトタイプ


NSX4_convert_20140727133013.jpg
次期ホンダNSX開発プロトタイプ車の火災直後の
写真を公開した『SB-Medien』の公式Facebookページ





このような試作車やプロトタイプ、リビルド車と呼ばれる車両は

通常の量産車と違って、実績やデーター収集 及び分析が乏しく

まれにこのような事件も発生する。



この車両火災、このサイトの読者さんなら知ってる

前回記事でも紹介した「FH」と言われる現象だが、

エンジンや排気管近傍の部品が熱によって燃え出す または

配線類のレアショートによって発生したと考えられる。




しかし、このテストドライバー。

あぶなかったですねぇ・・・。



燃料タンクに引火したら「ボン!」だったでしょう・・・。





僕が経験したテストコースのエピソードといえば・・・



テストコースを高速走行中にハトが飛んできて

クルマのアンテナに引っかかってもがいてた・・・くらいだな・・・。


いや、すみません、たいした事なくて・・・。




今回、トヨタ86を使用してレクチャー。


8602_convert_201407201.jpg

う~ん、なかなか カッコイイな。





さて、今回はこのトヨタ86を使って 簡単であるはずの

エンジンのON、OFFの方法をしっかりマスターしましょう。


エンジン掛けたり切ったりするのに、どんな意味があって

操作の順番なんて考えた事もなかったのでは?



こんな簡単なはずの操作も

順番を聞かれると分からない人

も実は多いはず。(多分・・・)




今回も動画でレクチャーしますのでどうぞご覧ください。





動画の初期の画像(サムネイル)がどんどん派手になってますが

あまり気にしないでください・・・。(*ノωノ)






スマホの方はコチラから↓↓↓
MT車のエンジンの掛け方切り方



では、おさらい。


エンジンを掛けるときは・・・

①クラッチ、ブレーキを踏む。

②シフトレバーがニュートラルであることを確認。

エンジン掛けた時にギアが入っていると危ないですよね。


最近は「クラッチスタート」なるものが装備されていて、

クラッチペダルを踏まないとエンジンが掛けれないものもある。


③パーキングブレーキが引いてあることを確認。

これも不意なミスで車が動かないようにしておくためです。

④エンジン オン!


ここまでを体で覚えておくと、テキパキとして安全に

エンジン始動できます。







続いて、エンジンを停止する時は・・・

①車が止まったら駐車ブレーキを引く。

これも不意なミスで車が動かないように、

まずはブレーキを掛けておく大事な操作です。

最初に「駐車ブレーキを引く」ってのが大事。


②ギアを抜いてシフトをニュートラルに。

これまた安全面から、すぐにエンジンからの動力伝達を遮断する。


③エンジン停止。

これで完全に動力源が停止するので、もう安心。


④クラッチ、ブレーキペダルから足をはなす。





どうですか?

エンジン オンオフだけでも、ちょっとしたポイントがあって

ちゃんと安全面での配慮があるんですね。




これからも、コツコツ分かり易い動画の提供に努めます!

なにかあれば気軽にコメント下さい。



チャンネル登録もよろしくお願いします↓↓↓
YouTube チャンネル登録はこちら



ハンドルロックが解除できない!

でも慌てないで。5秒で解除!!






さあ、車に乗り込んでエンジンを掛けようと

キーを回そうとすると・・・回らない!!



あれ?

と、今度はハンドルを回してみる・・・。

うおっ!

ハンドルも回らないっ!!!




ハンドルロック20140711145320



「車がこわれた!!」と、JAFの隊員に

出動してもらう人も多いと聞きます。





でも、これって

盗難防止でハンドルがロックされているだけ。




ハンドルをちょいと左右へゆすりながら

キーを回せば解消します。




ポイントは「ゆすりながら」ってとこね。

まあ、ゆするって言うより

ハンドルの動くガタの方向にちょこっと回してあげるだけ。




これ、意外と外せない人も多いんです。







エンジンを切ってドアを開ける。

その後にハンドルに触れて どちらかへ回しちゃうと

「ガチャ!」・・・。



ロックされちゃいます。


「子どもが触ってロックしちゃった!」

「何か知らんがロックされてるぅ!」

って人もいるのではないでしょうか?






動画でも説明してますが盗難防止の一つです。





Youtube動画でも解説してますので

記事ではわかんない!って人は

是非見てみて下さいね!

■一発解消!ハンドルロック


「やった!解除したぁ!」

って人はチャンネル登録お願いします!(笑)



ギヤ(シフト)チェンジのタイミングはいつやるのか?

今でしょー!




僕の知人の同級生が林先生。 (← どうでもいい)

しかも、進撃の巨人作者の諫山先生は

僕の学校の後輩。(← だから、どうでもいい)





さて、「シフトチェンジのタイミング」

自動車教習所に通うみなさんは

また特に分かりにくいことのひとつですね。




ギヤチェンジ20140705124113




ガッカリしないで聞いてください。

ハッキリ言います。




いつでもいいんですっ!!



「あー、いい加減だ・・・」って思いました?

ちょっと言い方間違えたかな?




何が言いたいか。

実は「いつシフトチェンジするか」ってのは

車の特性、運転状況、周囲環境、車の状況、使用目的

などによって違うんですね。



同じ車でも一般道を走らせる場合、

坂道を登る時、

下る時、

サーキットなどのスポーツ走行時、

高速道路を走行する時・・・。



だから、特に決まった法則みたいなものはありません。




しかーし!!


「シフトチェンジのタイミングが分からない」って人なら

サーキット走行時のタイミングを教えても必要ないと思いますので

一般的な街乗りや自動車学校で有効なシフトチェンジを伝授します。



最後まで読んでくださいね。

お得な情報が ここだけにありますよ!(← こっそり的)




雑誌や 最近だとネットでも調べれば

簡単に方法は検索できますが、どれを見ても

「回転数が○○回転の時に・・・」とか

「○○km/hくらいでシフトアップする」とか

ちょっと専門的になると

「エンジントルクが○○で、馬力(PS)が○○の時が一番どうだ・・・」とか


分かるかい!!

って感じですよね?


だって、自分が初心者なら そう思いますもん。




ホントはですね、ある程度慣れてくると

メーターの中にあるスピード表示や回転計は「じーっ」となんて見てません。

じゃ、タイミングは何で判断してるか?


ズバリ

周りを流れるスピード感とエンジンの音で判断します。

これは、プロでなくても ある程度慣れてくればそうなります。



ほら、ハンドル回してる時にハンドル見てますか?

シフトチェンジする時に、毎回シフト見てますか?

クラッチペダル踏む時に「ペダルはどこだったかな?」って見てますか?


これらは、まったくの初心者でなければ

「何となくこの辺」っていう感覚が身に付いてますので

見なくてもできるでしょ?







僕らテストドライバーは、逆に メーターのエンジン回転計やスピード計、

水温計、油温計、マルチインフォやインジケーター類、

そのメーター類の動き方や速さ、位置などを確認しながら運転し

さらに周りの高速で変化する状況に注意しながら仕事してます。


もっと言うと、機械や計測器を車に取り付けて試験する時なんかは

その表示やデーターなどにも気を配ります。

もっともーっと言うと、その時のエンジンの音色や大きさ、

振動なども感じながら運転してます。


なので、運転の操作自体に気を取られてると

こんな余裕はありません。



テストドライバーの教訓に

「自己の運転レベルの範囲の30~40%を使って評価する」

と、あります。


運転操作に100%精一杯のドライバーに

評価する余裕は0%なので、車を試験することはできませんね。




で、話が思いっきりそれましたが、

これは僕の経験から、初心者のために勝手に作った方法ですが、

なんと、






時間を決めてシフトチェンジする!






例えばですね、

1速入れてハンクラにして発進。

クラッチから足を離して ハイ!ここから

1、2、3、4、5!

ハイ!2速!


ハイ!また1、2、3、4、5!

ハイ!3速!



ってな感じ。

当然、数えてるときはアクセルを踏んで加速してくださいね。


一般道路や教習所での道路状況なら

これくらいのタイミングでちょうどいいはず。


もちろん、車の種類やアクセル踏む量なんかで

微妙に時間は変わってきますが

意外とうまくいく!! はず!!



timing_convert_20140705113355.jpg


まずは騙されたと思って実践してみましょう。




ポイントは

①クラッチペダルから足を離した瞬間から、アクセル踏みながら数えだす。

②数える速さは、あなたに任せます!!

③3速以上へチェンジする場合は1秒減らす。



上図をよーく見て。

同じことの繰り返しだから、意外と簡単なはず。


自分のスタイルに合わせて1秒増やすとか

減らすとかカスタマイズ?もOK!




まずは、この「5秒カウント法」でやってみて

少しずつ 自分の運転スタイルを作っていくといいでしょう。



頑張ってね!!


次回!

動画で指導します。




<余談>

なぜ、数えるだけでうまくいくのか?

人によってアクセルの踏み方も違うだろうし・・・。



運転上手な人は気付くと思いますが、

もちろんある程度上達すると この方法は通用しません。


しかし、タイミングそのものが全くわからない人にとっては

何か基準となるものがないとできません。

理論的にどうだとか、エンジンの音でなんて言われても

日常的な感覚で身についてないものを

基準にされてもイマイチ ピンときません。



でも、「数をかぞえる」はどうか?

だれでもできる。


最初の設定を「5秒」にしたのも 今まで色んな人を指導してきて

僕なりに感じた「これも僕の感覚」でしかありません。



しかし、

おそるおそる ゆっくり運転する人、

あわただしく しゃかしゃか運転する人、

色々いますが ちょうど間をとって5秒と感じました。

ゆっくりな人は、数を数えるのもゆっくりだが アクセル踏むのもゆっくり。

運転が忙しい人は、数を数えるのも早いしアクセル踏む量も多め。




これで絶対上手くいくとは言いませんが、

初心者さんのシフトタイミングの疑問に対する

突破口になれば幸いです。


最近の私・・・
こんな事言っては何ですが
何だ、このゲームは・・・。

しかし、
今、ハマってます・・・。
Cube falls

■アプリダウンロードはこちら
カテゴリからさがす

当サイト人気の記事!
プロフィール


温泉が好きな
テストドライバー指導員。
超!超!初心者から
やや高度な運転技術まで
幅広く指導。

パパさんや運転苦手なママさん
にも分かり易く説明します。

質問があったら気軽に
コメントくださいね。

リンクフリー。 当サイトの記事の無断転載は ご遠慮ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加


お役立ち情報サイト!


BingoCars ランキングバナー



最新記事
よかったらアンケート

booboowを支援する
モチベーションアップ!!
お願いします。(笑)

>ほしいものリスト
最新 売れ筋Dレコーダー
ケンウッド DRV-610

コムテック ZDR-012

ユピテル DRY-WIFIV3c

最新 人気レーダー
コムテックZERO 702V

コムテックZERO 602V

セルスターASSURA VA-810E

動画のススメ

■プロモーションビデオ


■バック駐車/車庫入れ
・左直角バック駐車

・左バック駐車!車庫入れ!

・前向き駐車!基本

・バック時のハンドルの向き

・バック駐車のコツ

・車庫入れミラー解説

・バック駐車のミラー

・車庫入れバック駐車法1

・進撃のバック駐車法2

・マイクロバス バック駐車


■車両感覚/車幅感覚
・車両感覚 奥様スラロームStep5

・車両感覚!据切りStep4

・車両感覚 Step3

・車両感覚 Step2

・車両感覚 Step1


■ハンドルの回し方
・くねくね山道 攻略法

・ハンドル操作の使い分け

・プッシュプルハンドル

・クロスハンドル

・立体駐車場ハンドル操作

・一般道ハンドル操作


■ミッション車の運転方法
・MT車って楽しい!

・バックの時のペダル操作

・MT車ダブルクラッチの方法

・等速シフトダウンって何?

・MT車 クラッチ操作あれこれ

・MT車 山道運転

・MT車エンジンオンオフ方法

・上手なシフトチェンジ

・クラッチの仕組みと動作


■坂道発進の方法
・ヒール&トゥで坂道発進

・MT車 ハンクラ坂道発進

・MT車 PKB坂道発進


■目線の使い方
・目線の訓練じゃ!

・まっすぐ走らせるコツ


■一般道路
・独り言運転 三重県

・狭い交差点右折コツ!

・なぜUターンが上手くできないか

・交差点右折方法その1

・一般道車線変更の方法2

・一般道車線変更の方法

・カーブの曲がり方

・車線変更の方法


■高速道路
・高速事故防止運転

・車のふらつき原因は

・高速jctの苦手克服!

・高速道路運転実況2

・高速道路運転実況1

・高速道 渋滞遭遇したら

・高速の車線変更の方法


■その他の動画
・運転姿勢を確認!

・ペダルのスムーズな踏替え方法

・同時にアクセルとブレーキ

・ペダル踏み違い防止方法

・LX&LC200オフロード走行

・ハイブリッドエンジンブレーキ

・AT車エンジンブレーキ

・ライトの種類説明

・トンネル走行時のポイント

・雪道運転の基本

・危険予知運転

・セルフスタンドで給油せよ!

・運転中の突然の雨に

・一発解消!ハンドルロック



PR
▲楽天でお買い物はコチラ

▲アマゾンでお買い物はコチラ

アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲家族、友人でキャンプ
リンク
メールフォーム
最新コメント
月別アーカイブ