2013年09月 - 車の運転上達のススメ -Boolog-

テストドライバー指導員が、運転がうまくなりたい!という人のお手伝い。車の豆知識や運転技術をわかりやすく解説!!
車の運転上達のススメ -Boolog- TOP  >  2013年09月
日産セレナ ハイウェイスター Vセレクション S-HYBRID

を運転した感想を私なりに解説したいと思います。




serena1_convert1.jpg




え?別にしなくてもいい?


まあ、そう言わず聞いてやってください。



■振動

①前後サージ

エンジン回転1300~1500rpm付近、アクセル開度1/4~2/4で

細かい前後に揺れるサージ発生。

エンジンに変動は感じられずCVTの為、エンジンが強制力ではなく

ドライブトレーン(恐らくミッション)が強制力であると思われる。

結構、不快。



②インナーミラーびびり

回転数ではなく車速に追従したインナーミラーの

びびり(細かい震え)が発生。

車速80km/h以上で常時発生。

後方車両が確認しにくいほど震える。

これも気になる。



■騒音

①スプラッシュノイズ

雨降りや砂道走行でリヤタイヤハウス付近で

水や砂を巻き上げる音が大きい。

「あれ?窓開いてる?」と勘違いするほど。

防音材やアスファルトシートなどの遮音は施してないと思われる。

もうちょっと静かになるといいかな・・・。



②エンジンノイズ

エンジンノイズは比較的静かでスターター音も自然。

これは特に問題なく、いいんじゃないかな。



■乗心地

①ハーシュネス

これは結構おどろいた!

タイヤエア圧も300kpaと高めだし、さぞ悪いんだろうと

思っていたが意外と静かだし角がなく自然な突き上げ。

うまくサスが減衰している感じでグッド!


②シート

初期の座り心地は軟らかく包まれる感があるが、

逆に軟すぎてサイドサポート感が弱く、

長距離の運転にはやや疲れを感じる。

まあ、しかたないか・・・。

でも、質感はあってなかなかオシャレ。

(シートステッチがお気に入り)




serena2_convert2.jpg





■操縦安定性

①ハンドル操作

ステアリング操舵力が小さく微低速は軽すぎる。

中高速域も全体的に軽く、手応えが薄い。

手応えが薄い分、タイヤの踏ん張りが分かりにくくて

舵角調整が難しく、コーナーリング時も

常にソーイングなどの修正舵をよぎなくされる。

安定しないから疲れるって事ね。



②横風

横風に弱く、突風でなくとも横をすれ違う車の風で

車体だけでなくハンドルまで持って行かれそうになる。

特に高速走行時は疲れてしょうがない。

これはみなさんも、そう感じませんか?



③ヨー、ロール

ヨーの発生はステアリングの舵に対して特に違和感なくリニア。

ロールの出方はおだやかであるが、戻りが非線形的で

スピードがやや速く感じる。

この現象に高速走行のカーブなどでは横を

トラックなんかが通過すると

ステアリングやアクセルで修正するので、

これまた疲れてしょうがない。



④直進安定性

これも悪い。

ステアリングを真っ直ぐ握ってても目線を遠くに置いても

横風なんか無くても、フラーッフラーッと左右に切れて行く。

ちょっと目線を外して「缶コーヒー取ろうかな」なんてしてると

すぐイメージラインから外れてしまう。

これは何とかしてほしい。






とりあえず、非常に気になったのはこんなもんでしょうか。


細かいこと挙げれば、まだまだありますが

こんなとこが大きな感想です。



なんだか悪いところばかりみたいですが、

いいところも沢山あるので 何だかんだ言って

結構気に入ってます。




みなさんもインプレッションの結果、

教えてくださいね!!





スタンドに設置してある静電気除去シート、

見たことありますよね?



si-to1_convert.jpg




給油前に触るこのシート。


ホントに効果ってあるのでしょうか?




結論。

めちゃくちゃあります。





給油口から気化しているガソリンに

自分の溜め込んだ静電気が火種となってボカン!

ってなるのを防いでくれてます。






ガソリンは液体そのものよりも

気化ガスが一番危険ですっ!!


こんなことする人いないと思いますが

ガソリンの液面にポイッとタバコを投げても

ジュッ・・・とかいって消えてしまいます。

え?なんで?って思いません?





気化したガソリンのガスとそのガスの回りの酸素濃度、

これらの条件が揃った時に火種があると・・・ボン!!です。


これ、覚えといておくといいですよ。

ガソリンだけでもダメ。

回りの酸素濃度が濃すぎても薄すぎてもダメ。


但し、これら条件が揃うと・・・。

ホントに大変なことです。







ちょっと話はそれてしまいましたが、

スタンドに設置してある除去シートは

そんな火種になる恐れのある静電気を

体から逃がしてくれます。




あの除去シート、触ってもバチッとこないんですよ。



あの除去シートは合成ゴムに導電材を配合することで

抵抗値(電流の流れやすさ)を加減して作られており、

人が触った時にゆっくりと電気を流す(取り除く)ようにできています。



だから、触れてもバチッ!とならないんですね。

でもその代わりに帯電した電気を除去するのに少し時間がかかります。



最低でも10秒!!!


10秒!? って長いですよねぇ・・・。


でもしっかり除電するには、

それにはこのくらいの時間、掛かるんですって。




除去するのに早く済ませるには

痛い思いしてバチッと一瞬で終わらせるか、

痛くないようにゆっくり時間を掛けて除電するか。

みなさんならどちら?




なんにせよ、自分が「万が一」の状況にならない為にも

給油前に除電シートはしっかり触りましょう。




ん~~・・・。

10秒か・・・。


ガマン、ガマンだ!!


さて、静電気についてこれまで簡単に!

且つ分かり易く!いくつか記事を書いてきましたが

今回はガソリンスタンドについて。



GS2_convert.jpg




よくガソリンスタンドを略してGSって書いてるのを見ますが、

あれ、「ガソリン、スタンド」の頭文字じゃないですよ。

正確には「ガス ステーション」の頭文字でGSですから。

まあ、どうでもいい話ですね・・・。







さて、燃料にはいろんな種類がありますが

基本的に普通の人が扱う燃料ってガソリンや軽油、灯油・・・。

これくらいかな?



まあ、灯油を車に注入する人はいないでしょうが

大半の車はガソリンでしょうね。




このガソリン。実は非常に危険です。

「何か危なさそうってのは知ってるけど

どんな時にどうなるのかよくわからん」

って人がほとんどだと思います。





本来、ガソリンなどの燃料は危険物指定されてますので

取り扱う際は「危険物取り扱い者資格」が必要です。


「でも、セルフのスタンドでガソリンを自分で給油するじゃん」

と、思う人もいるでしょうが、資格の中でも乙種や甲種ってのがあって

その資格の「種」を有している人が立ち会っていれば、

資格を持っていない人がガソリンなどを扱っていてもOKとなります。

なので、店員さんが危険物取り扱い資格「乙種以上」を有している事になる。




・・・でも、回りに店員さん居ないし・・・。





いやいや、給油中、回りをよーく見てみてください。

監視カメラがありますよね?

あのカメラで、給油中のあなた達は監視(立会い)されていることになる!


って事で、資格のない人がセルフで給油するのも

ノープロブレムって話です。



GS4_convert.gif






えー、ガソリンの危険性について書こうと思ってましたが

スタンドの話で一旦、締めたいと思います。(←適当)





次回、ガソリンと静電気について!!






何度か車の静電気対策について書いてきましたが

またまた書きたくなってキーボードを叩いてます。




毎回言いますが、車のバチッ・・・って静電気。

痛いのなんの・・・。


何がいやかって、あの

「来る・・・来る・・・バチッ!! あああ!痛っ!!」

っていう 来ると分かって来てしまうあの痛み。



a-su2.jpg




人に帯電する静電気は最大4万ボルト程になるそうです。(←ビックリ!)

人体に帯電した電流が流れる時間は1億分の1秒程度の

一瞬で大量の電気が指先などの一点から放出されるから

あんなに痛いんですよね。




これを考えると4万ボルトってすごいけど、

ピカチュウの10万ボルト!!って、敵にとって大した事なさそう・・・。

(どうでもいい)








静電気のバチッってのは基本的には簡単なしくみです。





①運転中、着ている服とシートのこすれで静電気が発生して

自分に帯電しています。


②自分が帯電したまま車を降ります。(プラスの電気を帯びる)


③車は基本的に帯電してません(マイナス)ので、

帯電していない車と帯電しているあなたが接触する瞬間、

お互いの電位差がゼロになろうとして 帯電しているあなたから

勢いよく帯電していない車に電気が流れます。





これがあの静電気でバチッとくるメカニズムです。

だって電気ってプラスからマイナスに流れるでしょ。







なんで車は帯電しないのか?


厳密に言うと内外装品などの樹脂製品には若干帯電してますが、

ボデーなどの金属類はアース線を通ってバッテリーのマイナスに

戻ってますので帯電してません。


ボデーの金属を使って配線の代わりにして、

バッテリーのマイナスに戻してるんですねぇ。


seidenki2.jpg
▲だからボデーとバッテリーのマイナスが線でつながってるんです



a-su_convert.jpg
▲イメージ(分かるかな?)





じゃあ何で自分には帯電するのか?

自分の着ている服なんかで発生した静電気を

逃がしてないから
です。


運転席に座ってみてくださいよ。



ハンドルって金属?

シフトレバーは?

アクセルペダル、ブレーキやクラッチは?

シートの着座面は金属?

降りる時に開けるドアハンドルは金属?



違いますよね?

全部皮や樹脂じゃないですか?



・・・で、最後に車降りてドア閉める時。

ここで初めて金属面にタッチするでしょう?

だからバチッっとなるんですよ。





でもね、特に

シートから体が離れる時に一番静電気が作られ易い。


そのシートからおしりを浮かせるときに同時に

ボデー面を触りながら(静電気を車に逃がしながら)

降りれば全くのゼロにはできなくても、大半の静電気を

車に逃がすことができる。


次にドアを閉めるときに

ボデーをさわってもバチッと来ないんですよ。

(ほとんど帯電してない状態)





なので、車から降りる時(シートから離れる時)、

金属面を触りながら降りると静電気が軽減されます。


前回記事参照
>前回記事「冬場の天敵!静電気!」



もうちょっと細かいこと言うと

金属面でも塗装されてるところは電気が通りにくいので

ドアのストライカーなどの塗装されてない所を触るのがベター。



seidenki1_convert.jpg
▲ストライカーってこれね






次回はアース(接地)について勉強しましょう。




最近の私・・・
こんな事言っては何ですが
何だ、このゲームは・・・。

しかし、
今、ハマってます・・・。
Cube falls

■アプリダウンロードはこちら
カテゴリからさがす

当サイト人気の記事!
プロフィール


温泉が好きな
テストドライバー指導員。
超!超!初心者から
やや高度な運転技術まで
幅広く指導。

パパさんや運転苦手なママさん
にも分かり易く説明します。

質問があったら気軽に
コメントくださいね。

リンクフリー。 当サイトの記事の無断転載は ご遠慮ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加


お役立ち情報サイト!


BingoCars ランキングバナー



最新記事
よかったらアンケート

booboowを支援する
モチベーションアップ!!
お願いします。(笑)

>ほしいものリスト
最新 売れ筋Dレコーダー
ケンウッド DRV-610

コムテック ZDR-012

ユピテル DRY-WIFIV3c

最新 人気レーダー
コムテックZERO 702V

コムテックZERO 602V

セルスターASSURA VA-810E

動画のススメ

■プロモーションビデオ


■バック駐車/車庫入れ
・左直角バック駐車

・左バック駐車!車庫入れ!

・前向き駐車!基本

・バック時のハンドルの向き

・バック駐車のコツ

・車庫入れミラー解説

・バック駐車のミラー

・車庫入れバック駐車法1

・進撃のバック駐車法2

・マイクロバス バック駐車


■車両感覚/車幅感覚
・車両感覚 奥様スラロームStep5

・車両感覚!据切りStep4

・車両感覚 Step3

・車両感覚 Step2

・車両感覚 Step1


■ハンドルの回し方
・くねくね山道 攻略法

・ハンドル操作の使い分け

・プッシュプルハンドル

・クロスハンドル

・立体駐車場ハンドル操作

・一般道ハンドル操作


■ミッション車の運転方法
・MT車って楽しい!

・バックの時のペダル操作

・MT車ダブルクラッチの方法

・等速シフトダウンって何?

・MT車 クラッチ操作あれこれ

・MT車 山道運転

・MT車エンジンオンオフ方法

・上手なシフトチェンジ

・クラッチの仕組みと動作


■坂道発進の方法
・ヒール&トゥで坂道発進

・MT車 ハンクラ坂道発進

・MT車 PKB坂道発進


■目線の使い方
・目線の訓練じゃ!

・まっすぐ走らせるコツ


■一般道路
・独り言運転 三重県

・狭い交差点右折コツ!

・なぜUターンが上手くできないか

・交差点右折方法その1

・一般道車線変更の方法2

・一般道車線変更の方法

・カーブの曲がり方

・車線変更の方法


■高速道路
・高速事故防止運転

・車のふらつき原因は

・高速jctの苦手克服!

・高速道路運転実況2

・高速道路運転実況1

・高速道 渋滞遭遇したら

・高速の車線変更の方法


■その他の動画
・運転姿勢を確認!

・ペダルのスムーズな踏替え方法

・同時にアクセルとブレーキ

・ペダル踏み違い防止方法

・LX&LC200オフロード走行

・ハイブリッドエンジンブレーキ

・AT車エンジンブレーキ

・ライトの種類説明

・トンネル走行時のポイント

・雪道運転の基本

・危険予知運転

・セルフスタンドで給油せよ!

・運転中の突然の雨に

・一発解消!ハンドルロック



PR
▲楽天でお買い物はコチラ

▲アマゾンでお買い物はコチラ

アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲家族、友人でキャンプ
リンク
メールフォーム
最新コメント
月別アーカイブ