2012年02月 - 車の運転上達のススメ -Boolog-

テストドライバー指導員が、運転がうまくなりたい!という人のお手伝い。車の豆知識や運転技術をわかりやすく解説!!
車の運転上達のススメ -Boolog- TOP  >  2012年02月
ペーパー17年様よりコメント頂きました。
紹介致します。


>ペーパー脱出で運転しだしました。

右寄りについついなり気にするあまりフラフラしてるのが自分でもわかってました。

なるほど、左足でイメージラインを踏む感じでと思うと安心して走れるようになりました。
(フットレストにはまだ怖くて足置けないのですが)

図解運転なる本を購入しましたが、このブログの方がわかりやすかったです。

バック駐車の記事もです!

ありがとうございました。


質問があるのですが・・・

立体駐車場の螺旋スロープのポイントやコツ(上り下り)

などありましたら、教えて欲しいです。

擦りそうで怖く(実際に誰かが擦った痕跡が残されている)、

挟まって身動きとれなくなりそうです。

大概狭くて急な勾配です。

一応まだ無傷ですが、駐車場に入る事が難関です。

何でも良いのでアドバイスお願いします。

私の所持本には、壁を見ない事と、ハンドルを引くとありました。




Booboow回答

ペーパー17年様>

コメント、ありがとうございます。

少しでもお役に立てれば幸いです。


車をまっすぐ走らせるポイントは、イメージラインを

左足で踏んで走る事と目線を遠くに置く事ですよ。
(遠くばかりを見てもいけませんが・・・)


さて、螺旋状スロープの上り下りですが

ポイントはアウト イン アウトです。


「ん?サーキット走行の基本の走り方じゃないの?」と

思いがちですが、これまた有効なんですね。


アウト イン アウト走行とは、車線幅(スロープ幅)の

端を走行(曲がろうとする反対側のこと)し、

曲がるポイントがきたらイン側(内側)へつけて

「よし、曲がれた!」と思ったらまた反対の端へつける走り方です。

ハンドルは、”一気にグーッ!”と切る。


これは上りも下りも同じです。

この時も目線は遠くを見ますが

近くとその先を交互にすばやく見る必要があるので

ちょっと難しいかもしれませんね。


但し、スピードは抑えて走行すれば

さほど難しくなくなるでしょう。


ポイントを整理します。

①アウト イン アウト(外→内→外)のイメージで走行

②目線は遠くと近くと交互に見る

③ハンドルは一気に”グーッ!”


です。


螺旋スロープは狭い所が多いので、

あまりアウト イン アウトって感じがしませんが、

狭いからこそタイヤ1本分でも外へ寄っておくことが有効

になってきます。

是非ためしてみてくださいね。

練習あるのみ!ですよ。

応援してます。

また何なりと質問ください。


立体駐車場 運転方法 動画アップしました!



読者さんからコメント頂きましたので紹介します。


booboow様

以前イライラ運転の事で相談した者です。

実は今日事故を起こしそうになりました。

夜で雨も降っていて見通しが悪かった事も原因だと思うのですが、

左折の際あまりスピードを落とさずに、

そのまま横断歩道を通り過ぎようとして、

自転車に乗っている人が横断歩道を渡っている事に気付かず、

自転車とぶつかりそうになりました。(本当にギリギリでした)


漠然とした相談になりますが、事故を起こさないように

安全運転するためにはどのような事を意識して運転するべきでしょうか?

booboowさんはどうしてますか?



ハムハム様>

管理人のbooboowです。

コメント、ありがとうございます。


事故。

起きてしまうと被害者も加害者もつらい目に遭いますよね。


事故が起きないようにする為には

ご存知の通り100%無理ではありますが、

そのリスクをドライバーによって軽減させる事は理論上可能です。

えっとですね、ちょっと難しい話ですが

「目の使い方」がポイントになると考えます。


>目の使い方
▲参考にしてみてください。


車の運転は「認知→判断→操作」の繰り返しで成り立ってます。

最初の認知が遅れるとそのあとも全て遅れてきます。

前ばかり見ず、後ろやもっと先の情報など常に把握し、

そこから推測しながら運転するとリスクは軽減していくでしょう。


「そんな事、いつもできるか! 疲れてしょうがない!」と

思うでしょうが、癖がつくと普通に情報収集できてしまいます。

もっと簡単に言うと

「かもしれない・・・」運転を実行するって事ですね。


今回のハムハムさんのケースでの問題点は

①左折する際、スピードを落とさなかった。

②横断歩道に人が飛び出してくるかもしれないの予測が甘かった。

は、十分推測のつく危険ですね。

安全運転をするという事はドライバーそのものの

考え方や経験・知識、そしてそれを実践することにあります。


なので、ハムハムさんもこれから自分が取る操作に対し、

それをすることで、どのような危険が潜むか

常に情報収集して予測する事です。


でも、大抵の事故やヒヤリはスピードさえ出さなければ

おおごとにはなりませんので、やはりスピードは控えめに

運転しましょう。


僕はとにかく情報収集の為、キョロキョロしてます。(笑)

しかし、これも度が過ぎると脇見運転になりますので

注意が必要ですね。

見たことを予測すること!

これが大事ですよ。

カテゴリからさがす

当サイト人気の記事!
プロフィール


温泉が好きな
テストドライバー指導員。
超!超!初心者から
やや高度な運転技術まで
幅広く指導。

パパさんや運転苦手なママさん
にも分かり易く説明します。

質問があったら気軽に
コメントくださいね。

リンクフリー。 当サイトの記事の無断転載は ご遠慮ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加


お役立ち情報サイト!


BingoCars ランキングバナー



最新記事
よかったらアンケート

booboowを支援する
モチベーションアップ!!
お願いします。(笑)

>ほしいものリスト
最新 売れ筋Dレコーダー
カロッツェリア ND-DVR1

TAXION TX-07

ユピテル DRY-WIFIV3c

最新 人気レーダー
コムテックZERO 702V

コムテックZERO 602V

セルスターASSURA VA-810E

動画のススメ

■プロモーションビデオ


■バック駐車/車庫入れ
・左直角バック駐車

・左バック駐車!車庫入れ!

・前向き駐車!基本

・バック時のハンドルの向き

・バック駐車のコツ

・車庫入れミラー解説

・バック駐車のミラー

・車庫入れバック駐車法1

・進撃のバック駐車法2

・マイクロバス バック駐車


■車両感覚/車幅感覚
・車両感覚 奥様スラロームStep5

・車両感覚!据切りStep4

・車両感覚 Step3

・車両感覚 Step2

・車両感覚 Step1


■ハンドルの回し方
・くねくね山道 攻略法

・ハンドル操作の使い分け

・プッシュプルハンドル

・クロスハンドル

・立体駐車場ハンドル操作

・一般道ハンドル操作


■ミッション車の運転方法
・バックの時のペダル操作

・MT車ダブルクラッチの方法

・等速シフトダウンって何?

・MT車 クラッチ操作あれこれ

・MT車 山道運転

・MT車エンジンオンオフ方法

・上手なシフトチェンジ

・クラッチの仕組みと動作


■坂道発進の方法
・ヒール&トゥで坂道発進

・MT車 ハンクラ坂道発進

・MT車 PKB坂道発進


■目線の使い方
・目線の訓練じゃ!

・まっすぐ走らせるコツ


■一般道路
・独り言運転 三重県

・狭い交差点右折コツ!

・なぜUターンが上手くできないか

・交差点右折方法その1

・一般道車線変更の方法2

・一般道車線変更の方法

・カーブの曲がり方

・車線変更の方法


■高速道路
・高速jctの苦手克服!

・高速道路運転実況2

・高速道路運転実況1

・高速道 渋滞遭遇したら

・高速の車線変更の方法


■その他の動画
・運転姿勢を確認!

・ペダルのスムーズな踏替え方法

・同時にアクセルとブレーキ

・ペダル踏み違い防止方法

・LX&LC200オフロード走行

・ハイブリッドエンジンブレーキ

・AT車エンジンブレーキ

・ライトの種類説明

・トンネル走行時のポイント

・雪道運転の基本

・危険予知運転

・セルフスタンドで給油せよ!

・運転中の突然の雨に

・一発解消!ハンドルロック



PR
▲楽天でお買い物はコチラ

▲アマゾンでお買い物はコチラ

アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲家族、友人でキャンプ
リンク
メールフォーム
最新コメント
月別アーカイブ