車の豆知識・運転技術を動画や文章で解説するサイト。シフトチェンジのコツ、バック駐車・車庫入れのしかたなどのカテゴリ別に記事を掲載
車の運転上達のススメ -Boolog- TOP  >  2011年06月

ブレーキの効かせ方(中級)

初級偏で基本的なブレーキ操作は、もう身に付きましたか?




初級偏で説明してきたことは、

ブレーキの「操作」ができるようになっただけで、

コントロールできるようになった訳ではない


ので誤解しないように。



ここからは、更にレベルアップした運転技術を

身につけたい人だけ読んでくださいね。

普通の一般的な人なら、初級偏だけで十分レベルアップできたはず。


もう1ランク レベルアップしたブレーキの

基本操作の中で行うブレーキのコントロールについて説明します。





車で走行中にブレーキを踏むと減速します。

さらに強くブレーキを踏むと車が前のめりになって減速度が増します。

もっともっと強くブレーキを踏むとタイヤが止まって(ロックして)

路面の上を「キーッ!!!」なんていいながら止まんなくなります。



brake_convert_20140510104111.jpg




あれ?おかしいですね。

踏めば踏むほど止まろうとする力は大きくなるはずなのに

踏みすぎると止まらないなんて・・・。



タイヤがロックするまで踏んでしまうと、タイヤのグリップ(摩擦力)限界を

超えてしまいタイヤは止まってる(回っていない)のに、地面の上を滑ってしまいます。


今の車はABS(アンチロックブレーキシステム)といって

力一杯ブレーキを踏んでもタイヤはロックしないようになってます。



タイヤはロックすると、止まらないし、ハンドルを切っても曲がらないし。

これでは、いざって時あぶないですね。

タイヤがロックしたり、ABSが作動するような状況でブレーキを

操作する必要はありませんが、踏みすぎるとそうなってしまう

という事を知っておきましょう。




ブレーキを踏んだり、アクセルを踏んで加速したりすると

車の中にいる人達には慣性の力が働きます。

ブレーキ踏むと「おっとっと・・」と体が前に倒されたりする

現象のことです。想像つきますか?

その慣性力をG(ジー)といいます。

英語で重力のことをグラビティーっていいますよね?

その頭文字で1G(ワンジー)とか使います。

普通の車は、一番大きな慣性力が掛かる操作はブレーキです。

その最大Gは掛かっても1G程度です。

1Gを超えるとタイヤの限界を超えて、Gが下がります。



ブレーキをコントロールするという事は、この

Gをコントロールすることにあります。


今までブレーキペダルの操作に気を使って意識していた事を

今度はこのGを意識する

ようにしましょう。



brake_convert_20140510095157.jpg


グラフのラインをイメージしながら

ブレーキを踏むようにしてみて。



ほら。

いつも意識してないのに意識してみると難しいでしょ。


それだけ、普段、何も考えずにブレーキをおろそかにしてたって事です。




ブレーキの踏み始めも、踏んでいる最中も、止まる寸前も

このGが角のない滑らかな状態になるようにすれば

ブレーキコントロールできてるって事ですよ。




「ブレーキが苦手だ」って人は

brake2_convert_20140510100301.jpg

こんな感じになってませんか?



このエントリーをはてなブックマークに追加
参考になったら是非!!

ブレーキの効かせ方(初級2)

さて、今度はブレーキを踏んでから止まるまでをやってみましょう。


ブレーキペダルは「スッ、グゥー、スッ」の操作で行います。

最初の「スッ」ってのは、初級①偏で説明したように

ペダルに足を乗せて、足首を使ってゆっくり踏み始めることですね。


次の「グゥー」はやや早めにペダルを踏み込んでいきます。

ここはゆっくり踏まずに早く行ってください。

早く踏み込むのであって、強く踏むんじゃないですよ。

え?「早く踏む」と「強く踏む」と何が違う?

ここで言いたいのは荒く踏むんじゃなくて、

早くても丁寧に踏んでくださいねって事です。

何度も練習すると、僕の言ってる事が分かるはずです。


で、最後の「スッ」は、車が停止する寸前にゆっくりペダルを

踏む力を弱めてください。

これをやることで、最後に車が止まる時に「カックン」とならなくなります。

完全に車が停止したら、またしっかりブレーキをふんでおきます。


今、言ったことが無意識でもできるようになりましょう。

となりの助手席に座ってるママさんが「あれ、止まったの、気付かなかったわ」

なんて思うようになれば、パパさんの株も上がるってもんです。


初級偏①と②で説明したブレーキングが常に、しかも

無意識のうちにやれるようにしましょう。


僕らが若い頃の訓練では、コップに入れた水をこぼさないように

運転したり、上からぶらさげたペンダントが大きく揺れないように

訓練してましたよ。


ちなみにアクセルの操作の仕方もブレーキとほぼ同様です。


これらが出来るようになったら中級偏へ進みましょう。



今まで説明したことは分かりましたか?

わからない事なんかあったら、気軽にコメントくださいね。

僕のレベルでよければ、アドバイスしますよ。


>ホーム全体をチェック!



このエントリーをはてなブックマークに追加
参考になったら是非!!

ブレーキの効かせ方(初級1)

ブレーキって、みなさん当然何がどうなるか知ってますよね?

そうですね。踏むと車が止まります。



ゆっくり踏むとスーッと止まりますし、

早く踏むと車が前のめりみたいな格好になって止まります。



この「止まる」ってのは、車の3大性能のひとつ。

基本性能は「走る、曲がる、止まる」ってのをまずは覚えておこう。





車の運転で、何より一番大事なのは「止まること」

という風に僕は思っています。

なぜなら、「走る、曲がる」も当然大事ですが

「止まる」は一番安心感に直結するからです。




ブレーキのかけ方、気にしたことありますか?

かけ方ですよ、かけ方。

そう、ブレーキペダルに足を置いて踏み始める時のことです。

これ、重要です。




まず、ブレーキペダルに足を乗せるだけ。

まだ、踏んじゃだめですよ。


乗せたら次は

足首だけを使ってゆっくり踏んでいきましょう。


すると、車の姿勢が安定したまま減速し始めます。

でも最初は慣れないと、いつもより止まる位置が遅れちゃいます。

なのでいつもブレーキを開始する距離からちょっと早めに

この動作を行うようにしましょう。



これが出来るようになると

車の姿勢を安定させたまま減速させる

ことができるようになります。



最初にいきなり、パコーンとブレーキを踏むと

同じブレーキ踏力でも車は前のめりになって止まろうとします。

これでは、ちょっとあぶないですよね。



前のめりになると、後ろのタイヤ達は浮きぎみになっているので

ほとんど前側タイヤ達に頼ったブレーキングになってしまいます。

しかも、いきなり前のめり状態になるので車は不安定。


この前のめり状態がひどくなると、ハンドルを切っても

車は曲がってくれなくなるので注意しましょう。

この現象をブレーキングアンダーといいます。




「そんなことないよ。そんな危なくないって。」と

思う人もいるかもしれませんが、そう思うなら雪道なんかの

滑りやすい路面でためしてみて。

ヒヤッとすると思います。


普段の道路でそう感じないのは、

タイヤと道路の摩擦力に助けてもらっているからですよ。


あなたのテクニックでもなんでもありません。

ちょっと厳しい言い方ですが

自分の運転を過信してはいけません。



車の運転の中で、何でも言えることですが初期操作の丁寧さは重要です。




さ、これが出来るようになったら今度はブレーキの踏みはじめて

止まるまでを次の記事で説明します。





あ、でも これがちゃんと出来るようになってから

読んでくださいね。

意識して、続けて練習してください。


「意識する」ってのと「続ける」ってのが大事ですよ!





このエントリーをはてなブックマークに追加
参考になったら是非!!
カテゴリからさがす
当サイト人気の記事!
プロフィール


温泉が好きな
テストドライバー指導員。
ドライビングスタイリスト
としてあなたの運転をサポートします。

自分の技術を磨き、
あなたに合った運転スタイルをコーディネートして運転を楽しんじゃいましょう!

リンクフリー。 当サイトの記事の無断転載は ご遠慮ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加


お役立ち情報サイト!




よかったらアンケート

booboowを支援する
モチベーションアップ!!
お願いします。(笑)

>ほしいものリスト
最新 売れ筋Dレコーダー
ケンウッド DRV-610

コムテック ZDR-012

ユピテル DRY-WIFIV3c

最新 人気レーダー
コムテックZERO 702V

コムテックZERO 602V

セルスターASSURA VA-810E