テストドライバー指導員が、運転がうまくなりたい!という人のお手伝い。車の豆知識や運転技術をわかりやすく解説!!
Yahoo!カテゴリに当サイト「車の運転上達のススメ」登録掲載中!! 皆さんのご支援、ありがとうございます!!
車の運転上達のススメ -Boolog- TOP  >  めっちゃ簡単!車の構造

スタッドレスタイヤは新品じゃないとだめ?中古でもいいの?

これからの時期、

もっと冷え込みますね。

突然の降雪に備え、12月初頭に

スタッドレスタイヤに替えた管理人です。





いやぁ、毎回悩みます。

「どんなスタッドレスがいいのか」

「どのメーカーがいいのか」

「中古タイヤでも問題ないか」



スタッドレスタイヤ_convert_20161220141538



スタッドレスタイヤのメカニズムを知れば

タイヤ選びにも役に立つのではないかと思い

今回、ちょっと勉強してみる事にしましょう。




ポチッとしてくれると嬉しいです!!

一発解除!!車のブレーキペダルがロック!?

読者様より緊急連絡!!

「車のブレーキペダルがロックした!!」



ブレーキペダルがロック_convert_20160723155308




これはどうも

「ブレーキペダルが動かなくなった!!」

って事らしい。




じゃ、一発解除の方法!!

サイドブレーキは掛かってる?

シフトはPレンジ 又はニュートラル確認!

では、

エンジンオンしてください!!

(数十秒待つ・・・)



どう?

ペダル、元に戻りましたか?



戻りが悪いようなら

ちょっとエンジン吹かしてみて下さい。


どう?





ふー。良かった。

故障じゃないのね・・・。



では、どうしてそうなるのか

ちょっと解説しましょう。







ポチッとしてくれると嬉しいです!!

車のハンドル、「据え切り操作」をしてはいけないか

車を運転する基本操作に「ハンドルを回す」という

動作がありますよね。

車が止まった状態でハンドルを回すことを

「据え切り操舵」と言いますが、これが良いか悪いか?

と、ネット上でよく見かけます。




suekiri_convert_20150419212425.jpg






最近もこのサイトの読者様に

「止まってハンドルを回すと車に良くないと聞いたのですが」と。



って事で、今回「据えきり操舵はダメか?」について

僕個人の見解を記事にしたいと思います。



ポチッとしてくれると嬉しいです!!

クラッチって何だ?仕組みと動きが分かれば半クラッチができる!

MT車の教習でまず直面する「半クラッチ」。


「ゆっくり上げて!」

「もっと丁寧につなぐ!」


なんて言われても、なぜそうしなければいけないのか

分からないのに教官の言われるままに・・・。




車を発進させる時やギヤチェンジの時には

必ず必要な半クラッチ。




前回記事でも説明しましたが

今回は動画を作成してみましたので是非ご覧ください。

(音声解説)



クラッチの仕組みや動きが分かれば半クラッチの時にイメージし易くなり

上手くできるようになります。









どうでしたか?

この説明で、ちょっとはイメージできましたか?



ちょっとわかればいいんです。

そんなに難しく考えなくても。





半クラッチの時に円盤同士がすこしづつこすれて

同じ回転になるところをイメージすれば

必ず半クラッチができるようになりますし、上達します。


これは絶対です!!

僕を信じてみましょう。(笑)


クラッチ1_convert_20141115072955



発進の時、一方は回転(エンジン側)していて、

もう一方(タイヤ側)は止まってる円盤同士の

回転を同じにするには、特にゆっくり

こすれ合わせないとショックも大きいし、エンストもしちゃう。


だって、元気よく回ってるエンジンも

さすがに止まってる重いクルマをいきなり動かすことはできません。


これが発進時にクラッチの中で起きてる現象です。



クラッチ2_convert_20141115073013

クラッチを踏んだ状態から・・・





いきなりペダルを上げてつないじゃうと・・・


クラッチ3_convert_20141115073101

・・・だから半クラッチが必要。






この仕組みと動きが理解できれば、これも分かりますよね?


「2速から3速へ または4速から5速など

すでに走行している時のクラッチ操作も本当は半クラが必要ですが

発進の時よりも上手くいくのはなぜ?」



答えは・・・

動き出してさえしまえば回転数は違っても どちらも回っているので

回っているもの同士なら多少荒くつないでもショックは小さいからですね。


クラッチ4_convert_20141115073117


ギヤが上がれば上がるほど、

要するに2速より3速、3速より4速・・・ってなればなるほど

お互いの回転差は小さくなるので

ほとんど半クラッチなしでギヤチェンジできますね。






こんなことを意識して運転すれば

必ず半クラッチができるようになりますし、上達します。



是非頑張ってみましょう!!




ポチッとしてくれると嬉しいです!!

だから半クラッチって何?

自動車学校で習う最大の敵。


それは半クラッチ!


「半分クラッチ」とか「ハンクラ」とか言われるが

訳が分からん人も多いのでは。



今回はハンクラについて、知ってれば絶対

ハンクラが上手くなる簡単すぎる解説を行います。



「こんなのわかんなーい」って言う女子のみなさんも

読めば絶対ハンクラできるようになるので、

だまされて読んでください。(← ?)






自動車学校の座学で、


clutch1_convert_20140629171841.jpg





こんな写真だとか・・・




clutch2_convert_20140629171906.gif






こんな図を見せられると思いますが、ハッキリ言って











こんなのどうでもいい!!





「ハンクラ」と言われるのは

「半分だけクラッチペダルを踏む事」です!(← そのまま)




「半分ってどれだけ?」

いや、だからクラッチペダルのストロークの真ん中くらい。



clutch4_convert_20140629110338.jpg


上の図で言う赤い部分、2の付近を指します。




じゃ、1と 2と 3、何が違うか。



1はエンジンからの力がタイヤまで伝わってる状態。

この状態でアクセルを雑に操作すると車が

ガックンガックンなっちゃう。

だって、エンジンの力が伝わってる状態で

アクセルブンブンやるとタイヤまでブンブンしちゃう。




ちょっと飛ばして、今度は3はどうだろう?

ここは「クラッチを切る」とか言われてる範囲で

エンジンの力がタイヤまで伝わってない状態。


だから、クラッチペダルを奥まで踏んで

アクセルペダルブンブンやってもガックンガックンならない。

エンジンだけブンブン言ってるだけ。



さて、じゃ2の状態はどうか?

ここがみんな訳のわからない「ハンクラ」と言われる領域。

知っといてほしいのは、「範囲がある」ってことね。

一箇所のポイントだけを言うんじゃなくて図みたいに

範囲があるってこと。

この範囲の間だけゆっくり操作してやれば大丈夫。



で、この2の領域で何が起こってるか?

エンジンの力をゆっくりとタイヤまで伝えようとしている状態

です。


clutch01_convert_20140629164440.jpg


エンジンが掛かって、クラッチを切っている状態が上図。


要するに

「クラッチを奥まで踏む=クラッチを切る=力が伝わってない」

って状態です。



ここからゆっくりクラッチペダルを上げてみよう。

するとタイヤ側の円盤が近づいて行って・・・


clutch02_convert_20140629164500.jpg


円盤どうしが少しずつこすれだして・・・


clutch03_convert_20140629164515.jpg


エンジンの力をタイヤ側の円盤に少しずつ伝えだす。



で、クラッチペダルを完全にはなして踏まないでいると・・・


clutch04_convert_20140629164532.jpg

最後にはお互い完全に密着して

エンジンからの同じ力を同じスピードでタイヤへ伝えます。

これがクラッチをつないだ状態。


アクセル踏んでエンジンの回転を上げれば

タイヤもトゥギャザー(?)しちゃいます。



この、さきほどの

エンジンの力をタイヤ側へ伝えるか伝えないか

円盤同士が絶妙にこすれてる状態が「ハンクラ」

って言われる領域です。


車が少しずつ動きだすところね。






なのに、

回転しているエンジンのものすごい力を

いきなり伝えちゃうと・・・


clutch05_convert_20140629164548.jpg

要するに

クラッチペダルをいきなり上げちゃうと・・・


clutch06_convert_20140629164605.jpg


ドン!とか言ってエンジン側の円盤まで止まっちゃう。

エンストって状態ね。


エンジンの力がいくら強くても、

止まってるタイヤをいきなり回して重い車を

発進させることは不可能です。

タイヤ側の円盤の最初に動こうとする力の方が強いから

いくらエンジンにパワーがあっても、動いてる円盤と

止まってる円盤をドン!って当てるとエンジンが負けちゃう。



だから、ハンクラって重要だし、ハンクラのやり方で

ドライバーによって機械の傷みがひどかったりする。




トランスミッションって言われる機械の中は

こんな運動をしてるんですねぇ。



マニュアルは自分でこんな事やってるけど、

オートマチック車は全部自動でハンクラやってるんですね。





この原理が分かって、運転の時にさっきの図を

思い出しながら操作すれば

車が言う事をきいてくれますよ!


「あー、今、当たってる? あ、当たった? お!当たった?」

てな感じで ゆっくりね・・・。




自動車学校へ通う受講生のみなさん!

グッドラック!!






ポチッとしてくれると嬉しいです!!
カテゴリからさがす

当サイト人気の記事!
プロフィール


温泉が好きな
テストドライバー指導員。
超!超!初心者から
やや高度な運転技術まで
幅広く指導。

パパさんや運転苦手なママさん
にも分かり易く説明します。

質問があったら気軽に
コメントくださいね。

リンクフリー。 当サイトの記事の無断転載は ご遠慮ください。


お役立ち情報サイト!


BingoCars ランキングバナー



よかったらアンケート

最新 売れ筋Dレコーダー
ケンウッド DRV-610

ケンウッド KNA-DR300

ユピテル DRY-mini1X

最新 人気レーダー
コムテックZERO 74V

ユピテル SCR35TD

ASSURA AR-181GA