車の豆知識・運転技術を動画や文章で解説するサイト。シフトチェンジのコツ、バック駐車・車庫入れのしかたなどのカテゴリ別に記事を掲載
車の運転上達のススメ -Boolog- TOP  >  ブレーキの使い方

教えます!!カックンブレーキにならない方法!!

さて、

「カックン・・・」とならないブレーキング。

これまで何度か記事にしてきました。


このサイトの読者様なら もう何となく

イメージは掴めてるのではないでしょうか?

「えっ!?」って人は

も一度おさらいしておいて下さいね。

■ブレーキのおさらい




重い慣性が付いた車がゼロになる瞬間、

前方向に溜まっていた力が解放されて

カックン・・・ってなるんですね。



この「カックン」を無くすには


このエントリーをはてなブックマークに追加
参考になったら是非!!

カックンブレーキを克服!!ブレーキを極める!!ブレーキの踏み方

停止する時、

「キーーーッ ・・・・・・・・ カックン」

と最後に前から後ろへ掛かる力。




これ、イヤですよね。

特にドライバー本人は気付きませんが

横に乗る助手席の人には不快な挙動です。


今回は、この「カックン」を無くす

ブレーキ操作をレクチャーします。


このエントリーをはてなブックマークに追加
参考になったら是非!!

下り坂でブレーキが効かない!?フェード現象とベーパーロック現象

ブレーキが効かなくなるなんてありえない。

ブレーキペダルを踏めば車が止まるなんて当たり前。




そう。

その通りです。






「部屋のスイッチを押せば電気が点く」

くらいの意識しか無ければ、

そこに潜む危険に気付く訳もない。




「濡れた手でスイッチを触れば、

もしかすると感電するかもしれない」


などの意識もあれば、

スイッチひとつ操作するにも変わってきます。




「手が濡れていないか」とか

「なるべく触らないように操作回数を減らす」とか。


そんな危険予知やリスク管理ができれば

事故は回避できます。


それは運転も同じ。

と、僕は考えてます。





■フェード現象

さて、話を戻して

「ブレーキは多用するといけないか」。

「使う」こと自体に問題はありませんが

「多用する」ことはあまりよくはありません。


車の動きは安定しないし、ブレーキパッドも消耗しますしね。





でも、一番コワイのは

「多用し過ぎると制動能力が低下する」こと。



ブレーキが効かない



通常の使用環境や使用状況はなんら問題ありませんが、

山道や峠などアップダウンの多いところを走行し、

下り坂が続くようなところは要注意。



先ほどの部屋のスイッチの話ではありませんが、

何気ないブレーキ操作も「下り坂の場合は要注意」

と、知ってるだけで未然に事故も防げるってもんです。




では、何が危険か。

長く続く下り坂を走行する時は、まずは

エンジンブレーキを使用するのが理想的。


MT車で今が4速ならば3速へ。

それでもスピードが落ちなければ2速へシフトダウン。

ブレーキを踏まずに減速できます。



AT車も同様で、3レンジや2レンジ、

必要によってはLレンジを使って できるだけ

フットブレーキにだけに頼らない速度調整を心掛けましょう。






長い下り坂でフットブレーキを踏み続けていると、

ブレーキディスクとブレーキパッドが接し続けて

両者の間には熱が発生します。


これが使い過ぎてブレーキパッドの許容を越える熱になると

いくらブレーキを踏んでも止まらなくなります。


ブレーキパッドには、その素材に応じた許容温度と言うものがあり

その温度を超えてしまうと、摩擦係数が下がって

制動力が一気に低下してしまう。

この状態をフェード現象といいます。




■ベーパーロック現象

この「フェード現象」と似たような症状として、

ペーパーロックと呼ばれるものがあります。


先述したフェード現象がさらに進行し、それでもフットブレーキを

踏み続けるとブレーキディスクとブレーキパッドの熱はもっと上がり続け、

今度はブレーキペダルと、ブレーキパッドを押し出すピストンをつなぐ

ブレーキフルード(液体)にまで熱が伝わる。


熱でそのフルードが沸騰すると、ホース内に気泡が発生。

この状態では、どんなにブレーキペダルを踏んでも

その踏む力は気泡にじゃまされて 気泡を潰すことだけに

使われてしまい、ブレーキパッドを押す力まで到達しなくなる。

これもブレーキが効かないって事ね。


これがベーパーロックと呼ばれる現象です。





ですので、

このような状態を防ぐためにも、

長い下り坂ではフットブレーキだけでスピード調整せずに

エンジンブレーキとの併用を心掛けましょう。





そんな時のためにこんな退避場、

見たことありませんか?

退避場_convert_20150601111750


ブレーキが効かなくなったらここへ突っ込め!

ってエリアです。



坂道でのブレーキ多用の恐さが頭の隅にでも入っていれば、

下り坂での速度調整する色んな運転操作が

変わってきますし、上のような退避場に

お世話になることもないでしょう。






「♪ この長い長い下り坂を

君を自転車の後ろに乗せて

ブレーキいっぱい握りしめて

ゆっくりゆっくり下ってく~」



と、こんな歌詞の歌がありますが、

これもフェードを起こすのでやめましょう(笑)






このエントリーをはてなブックマークに追加
参考になったら是非!!
カテゴリからさがす
当サイト人気の記事!
プロフィール


温泉が好きな
テストドライバー指導員。
超!超!初心者から
やや高度な運転技術まで
幅広く指導。

パパさんや運転苦手なママさん
にも分かり易く説明します。

質問があったら気軽に
コメントくださいね。

リンクフリー。 当サイトの記事の無断転載は ご遠慮ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加


お役立ち情報サイト!


BingoCars ランキングバナー



よかったらアンケート

booboowを支援する
モチベーションアップ!!
お願いします。(笑)

>ほしいものリスト
最新 売れ筋Dレコーダー
ケンウッド DRV-610

コムテック ZDR-012

ユピテル DRY-WIFIV3c

最新 人気レーダー
コムテックZERO 702V

コムテックZERO 602V

セルスターASSURA VA-810E