なるほど豆知識 - 車の運転上達のススメ -Boolog-

テストドライバー指導員が、運転がうまくなりたい!という人のお手伝い。車の豆知識や運転技術をわかりやすく解説!!
車の運転上達のススメ -Boolog- TOP  >  なるほど豆知識
交通事故。

運転のプロなら事故は起こさない?




運転のプロは事故をおこさないか






運転のプロと一口で言っても

色んなプロフェッショナルな方がいます。



タクシードライバー、トラックドライバー、

レーサー、カースタントマン、宅配ドライバー・・・。



僕らテストドライバーもプロであると認識してます。







結論から言うと

どんなプロドライバーでも事故は起こす。


「起こす」「起こさない」で言えば

みなさんと同じドライバーって事です。







僕がテストドライバーを初期の段階で指導する時、

必ず教えるのは

「人間は失敗するものである」

って事。


プロだろうがそうでなかろうが、

皆、同じ人間です。





では、プロは何が違うか?


豊富な経験と知識から成り立つ

精度の高い運転技術


です。



そんなプロでも

ミスはを起こす確率は低いでしょうが、

ゼロではありませんよね。





で、プロである定義の僕が思う

さらにここが大事な部分。


自覚し、誇りと感じ、思い上がる事なく

自分をコントロール出来る人。






豊富な経験と知識、高い技術があっても

おごり高ぶり、一方的に押し付け、

運転に関して感情のコントロールはその時の

環境に流され易く排他的な考えの人。




こんな人達は「上手い」かも知れませんが、

「プロ」ではありません。







交通安全は、どんな人でも皆と同じように注意し、

他を傷つけない配慮ある運転を心掛け、

安全運転に努めるべきだと考えます。




一般道もレースと同じ、

「交通ルールと言うレギュレーションの中で

いかに安全運転をし、皆が事故なく快適でいられるか」

と言う競技をやっているように感じます。




それを乱すような走りをして

自分は一番だと思っても誰からも祝福はされません。






つまり、

どんなプロでもミスして交通事故するものと心得て、

安全運転に努めましょう。




もし、あなたがプロであるなら 尚の事、

皆の手本となるような運転を見せるべきですね。

素朴な疑問。

アクセルとブレーキを同時に踏むと

どうなるでしょう?




エンジンが高回転空吹かしで回っている時に

シフトをDレンジに入れるとどうなるでしょう?




ひじょーに分かり難いですが

動画にしました。(笑)






最近多い踏み間違い事故。

これも一つの要因ではないかと

僕は考えています。



つまり・・・

続きを読む >>

以前、読者様から

「なぜ車のスピードメーターが

180キロ 或いは

それ以上あるのか」


とのご質問。



スピードメーターなぜ1_convert_20161116112855


スピードメーター表示の設定根拠ですね。






某自動車メーカーの

設計や実験部署の担当者に

やっと確認を取る事ができました。


何か掴むまでに非常に時間が掛かり、

大変申し訳ありませんでした。




他のサイト様にもあるいくつかの意見の内、

「これは違う」と消込みができそうです。


では、確認の結果です。

続きを読む >>

「車の燃料給油口、右か左か」

については以前記事にもしました。

>前回記事「あなたの車、給油口どっち?」



ガソリン給油口_convert_20150822174758



メーターの燃料計をのぞいて

矢印の方向に給油口がある

んでしたよね。





これ、何だか最近、

ネットニュースでも取り上げられて

「すごい!知らなかった!」

なんて話題になってました。



このサイトの読者様なら、

すでにレクチャーしてましたので知ってましたよね。






さて、この給油口。

右にある車と左にある車が存在しますが、

なぜでしょう?


これはですね、基本的には車両の下回りの構造

によって決まります。

あと、これはオフレコですが

設計者自体も「いや、前モデルもこうだったから・・・」

みたいなファジー感たっぷりな場合もあります。

(↑ ナイショね)






しかし、フルモデルチェンジや大幅改良の

マイナーチェンジなど、基本的には室内空間を少しでも広く、

有効的に活用するため 見えにくい下回りの部品たちは

隅へ隅へ追いやられます。


そうした場合、燃え易い燃料系統部品は

高温となるマフラーなどの部品とは

少しでも遠ざけて配置することが望ましい訳で、

結果、

排気管が右側を通ってるから給油口は左、

排気管が左側を通ってるから給油口は右、


など決定されます。


この様なメーカーの配置のノウハウが蓄積されて、

メーカーによって だとか、

車種によって だとか、

ある程度決まってきたりします。


ちなみに両方から出ているマフラーの場合、

先述した両者が離れていることを確保しつつ、

スポーティさを演出する見栄え的な理由だったり、

エンジン性能を有効に発揮する理由だったりします。







これはまた余談ですが、今回僕は

夏休みを利用して高速道路を長距離運転してきました。

すると、当然渋滞なんかも発生して 気になりだすのは

早めのトイレと給油。

サービスエリアはどちらも大渋滞。


で、「早めの給油、給油・・・」ってことでスタンドへ。


ガソリンスタンド給油口1_convert_20150822173024






よーく見ると、

左側に給油口がある車が多い。


ガソリンスタンド給油口2_convert_20150822173051





僕の車は右側給油口。


店員さんの指示に従い、給油待ちから離脱。

スタンド渋滞の間をぬって、「お先に~」ってな感じで

全く車の止まってないスタンドに横付け。


待ち時間なし!で給油完了!


日本だと右側給油口はこんなお得もありますね。

上の画像を見れば分かりますが、

スタンドの片側はバイクが停まってるだけで

渋滞もなく空いています。







右側給油口の方。

こんな場合は店員さんに申し出れば

優先的に給油できますよ。


だって店員さんもスタンド渋滞を解消するため、

空いてるスタンドを利用しない手はないですもんね。




セルフスタンドで給油について。



今回は

「セルフスタンドで初めて給油する人」

はもちろん、

「やった事あるけど どんな危険があるか知らない」

って人のために改めて書いてみたいと思います。


動画もアップしましたので確認してみてくださいね。











さて、動画にもあったように

まずガソリンってのは非常に危険!ってこと。


マイナス40℃以上で常に気化ガスが発生してます。

だから、暑かろうが寒かろうが いつもガスが出てるってことね。


このガスに火種を近づけると爆発します。

だから、クルマに給油中はもちろん給油口からもんもんと

ガスが溢れ出しています。



しかし、軽油の場合は温度40℃以上にならないと

ガスは発生しにくいので引火する可能性は低い。


まあ、危険物には変わりないので取り扱いは注意が必要ですが、

軽油についてはそうシビアにならなくても大丈夫。




では、給油するときの手順と注意するポイントをおさらいします。



■給油口を確認

まずあなたの車の給油口は右か左かどちらですか?

前回豆知識でも言いましたように、メーターの横に

マークがあるので確認してみて。




SN3L0118_convert.jpg





スタンドの絵の横の三角マークの方向に給油口がありますので

三角の方向が給油機へ向くように止めましょう。


上の写真だと「左側に給油口がありますよ」って言ってる。


■給油機横へ停車

給油機の横には大抵、停車スペースを示す「枠」が表示されている。

基本、この枠内に停車するが ここでちょっぴりポイント。


車の頭が この枠からちょっとはみ出るくらい

やや前寄りで止めよう。

え?どうしてか?

ノズルを伸ばして給油するとき、給油口が遠いと

ホースが突っ張り気味になって窮屈になっちゃうからです。

給油口はノズルに近いほうがいいでしょ。


でも、本来はスタンドに入る方向が決まってます。

この写真の場合、ホントは奥から入らないといけませんが

最近のスタンドはどちらからでも入れるようになっている場合も。



給油1_convert_20141230132316

枠内で収まれば収まったほうがいいのですが・・・


給油2_convert_20141230132401

真横に駐車する必要はありませんが

やや近めに止めましょうってことね。



■給油キャップはゆっくり開放

特に夏場、いきなり開けると「コパレーション」といって

燃料タンク内の圧力に押されてガソリンが噴出してくる恐れが。


■ノズルを給油口にゆっくり当てる

「ガン!」なんて当てちゃうとその火花が火種となって「ボカン!」。


■自動停止後、チョイ足し給油はしない

レバーを半握りなんかしちゃって、自動停止を

自分で解除してることになり、これも吹きこぼれの原因に。


■ノズル先端を上向きにして

しずくがたれないように、ゆっくりノズルを引き出したら

手首を反してノズルの先端を上に向けて取り出そう。


■すぐにキャップを閉める

給油完了したらすぐにキャップを閉めて気化ガスをシャットアウト!

キャップの閉め忘れがないように「カチン!」というまで回そう。

動画だと、スロットゲームに見とれて すぐにキャップ閉めてませんね・・・。

ごめんなさい・・・。




以上、特に注意すべきポイントをまとめてみました。

これまで給油したことある人も

こんなこと意識してやったことないんじゃないでしょうか。

あと、携帯持ちながら給油も火種の原因となるので

みなさんは絶対マネしないように・・・。

(ここもスルーしといて下さい・・・)




でも、これらの危険を

知ってると知ってないじゃ、えらい違いですよ。



カテゴリからさがす

当サイト人気の記事!
プロフィール


温泉が好きな
テストドライバー指導員。
超!超!初心者から
やや高度な運転技術まで
幅広く指導。

パパさんや運転苦手なママさん
にも分かり易く説明します。

質問があったら気軽に
コメントくださいね。

リンクフリー。 当サイトの記事の無断転載は ご遠慮ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加


お役立ち情報サイト!


BingoCars ランキングバナー



最新記事
よかったらアンケート

booboowを支援する
モチベーションアップ!!
お願いします。(笑)

>ほしいものリスト
最新 売れ筋Dレコーダー
カロッツェリア ND-DVR1

TAXION TX-07

ユピテル DRY-WIFIV3c

最新 人気レーダー
コムテックZERO 702V

コムテックZERO 602V

セルスターASSURA VA-810E

動画のススメ

■プロモーションビデオ


■バック駐車/車庫入れ
・左直角バック駐車

・左バック駐車!車庫入れ!

・前向き駐車!基本

・バック時のハンドルの向き

・バック駐車のコツ

・車庫入れミラー解説

・バック駐車のミラー

・車庫入れバック駐車法1

・進撃のバック駐車法2

・マイクロバス バック駐車


■車両感覚/車幅感覚
・車両感覚 奥様スラロームStep5

・車両感覚!据切りStep4

・車両感覚 Step3

・車両感覚 Step2

・車両感覚 Step1


■ハンドルの回し方
・くねくね山道 攻略法

・ハンドル操作の使い分け

・プッシュプルハンドル

・クロスハンドル

・立体駐車場ハンドル操作

・一般道ハンドル操作


■ミッション車の運転方法
・バックの時のペダル操作

・MT車ダブルクラッチの方法

・等速シフトダウンって何?

・MT車 クラッチ操作あれこれ

・MT車 山道運転

・MT車エンジンオンオフ方法

・上手なシフトチェンジ

・クラッチの仕組みと動作


■坂道発進の方法
・ヒール&トゥで坂道発進

・MT車 ハンクラ坂道発進

・MT車 PKB坂道発進


■目線の使い方
・目線の訓練じゃ!

・まっすぐ走らせるコツ


■一般道路
・独り言運転 三重県

・狭い交差点右折コツ!

・なぜUターンが上手くできないか

・交差点右折方法その1

・一般道車線変更の方法2

・一般道車線変更の方法

・カーブの曲がり方

・車線変更の方法


■高速道路
・高速jctの苦手克服!

・高速道路運転実況2

・高速道路運転実況1

・高速道 渋滞遭遇したら

・高速の車線変更の方法


■その他の動画
・運転姿勢を確認!

・ペダルのスムーズな踏替え方法

・同時にアクセルとブレーキ

・ペダル踏み違い防止方法

・LX&LC200オフロード走行

・ハイブリッドエンジンブレーキ

・AT車エンジンブレーキ

・ライトの種類説明

・トンネル走行時のポイント

・雪道運転の基本

・危険予知運転

・セルフスタンドで給油せよ!

・運転中の突然の雨に

・一発解消!ハンドルロック



PR
▲楽天でお買い物はコチラ

▲アマゾンでお買い物はコチラ

アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲家族、友人でキャンプ
リンク
メールフォーム
最新コメント
月別アーカイブ