車の豆知識・運転技術を動画や文章で解説するサイト。シフトチェンジのコツ、バック駐車・車庫入れのしかたなどのカテゴリ別に記事を掲載
車の運転上達のススメ -Boolog- TOP  > 

不必要なだろう運転と必要なだろう運転

よく「だろう運転は絶対にダメ」

って聞きますよね?


この「だろう」。


僕、個人的には

やってはいけない「だろう運転」と

やるべき「だろう運転」があると思っています。




そもそも「だろう運転」は

きっとそうなるとの自己の思い込みと

実際の状況が食い違って起きるヒヤリの事で

その食い違いが大きくなると事故が起きる可能性

も大きくなってしまう。



だから「だろう」と勝手に思い込み、

予測される相手の行動を自分の予測から

排除してしまう事が問題です。



これは、

何が起きているかと言うと、

「せっかく相手の行動を予測しておきながら

絶対にそうしないとの思い込み」が発生しています。



これが事故を引き起こすんですね。






でも、

ちょっと待って下さいね。

僕はいつも、視線を遠くに置いて

広く早く情報収集して認知しましょう

と言ってます。



そして、

その認知が出来れば今度は判断。






ほら。


だろう運転の時も

早めに認知してるし、判断も出来ている。


ただ、

その判断がマズイ。

せっかく早く認知してるのに判断が

偏っているから事故になる。


認知した状況から考えられる行動を予測するのに

下した判断は一つだけ。


「大丈夫だ」と言う判断。









前方を走るクルマはゆっくり走行し、

左右に首を振っているから、

どこかに停まろうとしているんだろう。


すると、

急に曲がるかもしれないから

自分も減速しておこう。



自分が減速すると追突される可能性があるから

後続車の動きも注意しよう。





など、

「だろう運転」と「かもしれない運転」

は同じ事をやってるわけですが、

だろうはいくつもの立てた予測を排除して

少数に絞ってしまうこと、


かもしれない運転は

いくつも立てた予測をどれも対処できるように

警戒すること。



判断までのプロセスは同じですが

判断そのものが良ろしくない。



言い方としては

「だろう」の方が自己中心的なイメージですが、

「かもしれない」は色々考え構えてるイメージなので

「必要なだろう」ではなく

やはり「かもしれない」と言った方が

良いかも知れませんね。





遠くに目線。

早く広く情報を認知して、素早く的確に判断して、

どんな状況になっても

操作できるドライバーになりましょうね。






ポチッとしてくれると嬉しいです!!

クルマの走行評価 理論と論理

クルマを走行テストする時に

走行時に色々と起こる現象の良し悪しを

判断する際、



悪い現象には評価点を付けて

改善しなければなりません。



評価点を付けることは

改善する優先順位を決めることにあります。




で、

もっとも大事なのは、

「何がどう悪いから優先がその順番なのか」

ってことを相手に示さなければいけないこと。




その為には

その現象を理論で示し、

論理で納得させなければいけない。


と、これは私の持論ですが

ほぼほぼ間違いでもないと思います。





理論とは

「思考や議論を進めていく上での道筋」

を示すことであり、


論理とは

「説明するために道筋を立てて思考を理解してもらい

議論がそれである事を示す」

ってことだそうです。



僕は賢くありませんので

「ふむ、なるほど」と、分かったフリですが

なんとなくは分かります。





つまり、

「この現象が発生しているのは

このような理由で発生しているので、

結果、こうなってしまいます」

と、理論的に説明し、



「この現象が発生するには、

このような要因がないと発生しない。

しかも、

その要因が発生するにはこのような理由がないと

発生しないからこの現象を解消しないといけません」

みたいな紐付けをすること。






賢い方からすれば、

「いやいや、それは違うよ」

なんて声も聞こえそうですが、

僕はそれが発生の理論であり、

議論するための論理だと思ってます。





なぜ、

その現象が発生するか。


「理論的にはこうであるから。

そして、論理的にはこう考えられるから、

議論すべき問題はこれだと思います」


みたいな感じで相手と話をすれば、

相手も納得(騙されて?笑)してくれるはずです。

とりあえず、

僕は今まで何とかこれで仕事してきました。(笑)






「車の乗心地が悪いなぁ」

と、相手にそれだけ伝えても

「何がどう悪くて、何をどうしないと良くならないか」

が説明できないと協力してはもらえませんよ。



クルマの走行を担当するテストドライバーには

必要なスキルだと言えます。




偉そうなことは、あまり言えませんが

僕の教え子には伝えてきたつもりです。



分かってもらえてるかは

分かんないけど・・・。(- -;)






ポチッとしてくれると嬉しいです!!

交差点は曲がる前が重要

交差点の右左折について。


みなさん、

交差点の右左折で曲がる前に

車を寄せるとか、合図開始のタイミングとか、

シフトダウンを終了させるとか、クラッチをどうとか・・・。





曲がる前にやるべき操作や

大切なポイントは沢山ありますが、

忘れちゃいけないポイントがもう一つあります。








「曲がる前に

曲がった後の事をイメージ」


できてますか?




実はこれも重要でして、

これをイメージするかしないかで

車のスムースな運転と安全に大きく関係します。




曲がった先の車線が何車線あるのか?


これが

1車線なら気にすることもありませんが、

2車線、3車線、

または

曲がった後すぐに右折レーンに行かないといけない

など、曲がった後にどうするかで

車の加速具合の調整や死角の確認すべき方法、

取るべきライン(車の持って行き方)が変わってきます。




ほら、

たまにいませんか?

曲がった後、右車線に入ったのに

すぐに左に車線変更する車とか、

その逆だったりとか。



曲がった後に左車線に入ってしまい、

すぐ一番右側の右折レーンに行きたかったけど、

右折レーンに行けなくて車線を跨いで止まる車とか。


交差点曲がり方1



これは、

「交差点を曲がる!」

ってことだけに集中していた結果、

その後に自分が取るべきラインのイメージや

予測ができていなかった証拠です。





もちろん、

不慣れな道を走行する場合、

そんなケースも出てくるでしょうが、

そんなテクニックも持ち合わせていれば

少しでもリスク回避できるってもんです。






「曲がる」って事だけに集中せず、

曲がった後の自車の配置や取るべき操作を

予測しておくこともプロのテクニック。



このサイトの読者様は

そんな安全運転プロの領域に進んでる人達ばかり。


自動車学校では

あまりここまで教えてはくれませんよね。



ここで得た知識を活かして

安全ドライブを楽しんで下さいね。




初心者の方も大歓迎!!

このサイトでどんどん上達しちゃいましょう!!








ポチッとしてくれると嬉しいです!!
カテゴリからさがす
当サイト人気の記事!
プロフィール


温泉が好きな
テストドライバー指導員。
ドライビングスタイリスト
としてあなたの運転をサポートします。

自分の技術を磨き、
あなたに合った運転スタイルをコーディネートして運転を楽しんじゃいましょう!

リンクフリー。 当サイトの記事の無断転載は ご遠慮ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加


お役立ち情報サイト!




よかったらアンケート

booboowを支援する
モチベーションアップ!!
お願いします。(笑)

>ほしいものリスト
最新 売れ筋Dレコーダー
ケンウッド DRV-610

コムテック ZDR-012

ユピテル DRY-WIFIV3c

最新 人気レーダー
コムテックZERO 702V

コムテックZERO 602V

セルスターASSURA VA-810E